サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

CSR重点課題解決に向けた中長期目標を策定

サッポロホールディングス(株)は、事業活動を行うにあたり特に重要と捉えて重点的に取り組む「CSR重点課題」(2017年特定)について、課題解決に向けた中長期目標を策定しました。また、個々の中長期目標について、関連する国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」(注1)を明示しました。
2015年に開催された国連持続可能な開発サミットでは、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにする行動計画として、17の目標と169のターゲットからなる 「持続可能な開発目標」が掲げられました。SDGsでは全世界での目標達成に向けた行動が求められており、企業の果たすべき社会的責任がこれまで以上に重要視されています。
当社は昨年「潤いを創造し 豊かさに貢献する」という経営理念のもと、より具体的にCSR活動を推進するために、さまざまな課題のなかから、特に重要と捉えて重点的に取り組む「CSR重点課題」を抽出し、ステークホルダーの皆様との「4つの約束」を定めました。
サッポログループはSDGsと関係している、商品・サービスの提供や事業活動を行っています。品質の追求や新しい価値の創造、アルコール関連問題、スポーツ・文化活動、地域とのパートナーシップ、環境保全、従業員の健康増進などが該当し、取り組みを進めています。
中長期目標はサッポログループの長期経営ビジョン、中期経営計画を踏まえたものであり、今後、サッポログループの事業戦略や個々の施策における重要な道筋と位置付けます。目標達成に向けてグループ各社各部門が具体的施策を設定して積極的に取り組みを進め、SDGs達成とお客様の豊かな生活の実現に貢献していきます。

(注1)2015年9月の国連サミットで採択された、2016年から2030年までの国際目標



【ご参考】・中長期目標
http://www.sapporoholdings.jp/csr/policy/subject.html#materiality



このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはサッポロホールディングスまでお願いいたします。