サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ
JAPAN'S OLDEST BRAND since 1876

サッポロビールの歴史について

EPISODE 01 1869 サッポロビールの生誕 -開拓者精神を表わす星を
シンボルとして-

Label 『札幌ビール』のラベル
(明治11年使用のラベル)

1869年、時の明治政府は開拓使を創設し、北海道の開拓に乗り出した。以降、多くのビジネスが、この日本の北の大地にもたらされたが、その一つがビールづくりであった。
元々、日本の最北端に位置する北海道は、ビールの原料となるホップや大麦の自給自足が可能なこと、低温で発酵させるための氷が入手しやすいことなど、ビールづくりに適した気候風土を持っていた。
これを受け、ドイツでビールづくりの真髄を学んでいた日本発の"ブラウマイスター"中川清兵衛が彼の地のでビール工場建設にあたって醸造責任者に抜擢され、同年9月、「開拓使麦酒醸造所」が設立された。
かくして、第1号商品「札幌ビール」がその土地の名を冠して生まれ、はじめて東京に運ばれることになった。その船舶には開拓使のシンボルであった「五稜星」☆が描かれた開拓使旗が誇らしげに掲げられ、この星がまさに開拓者精神を象徴する今日のサッポロビールのシンボルとなったのである。

EPISODE 02 1886-1890 サッポロビール株式会社の設立とヱビスビールの生誕

当時のビール工場

1886年、北海道庁の設立と同時期に、この工場は民間会社に売却され「札幌麦酒醸造場」として新たなスタートを切った。翌年12月には、日本有史の中でも最も著名な実業家の一人、渋沢栄一が率いる投資家達が工場を買い取り、「札幌麦酒会社」が設立され、日本のビールづくりの発展の礎を築くことになった。
1887年9月には、東京では地元の投資家達が「日本麦酒醸造会社」を設立し、1890年2月には、ドイツからブラウマイスターを招くことで、後に私たちの歴史のもう一つの標石となるプレミアムビール「恵比寿ビール」が発売されることになる。

EPISODE 03 1897-1906 大日本麦酒株式会社の発足

大日本麦酒

ビール醸造所は一時期全国で数十にも及んだが、1897年頃には、札幌麦酒、日本麦酒などの4大会社が凌ぎをけずる展開に突入。そこで、日本麦酒は、1906年、そのうち札幌麦酒、日本麦酒を含めた3社を合併し、シェア7割を誇る大日本麦酒株式会社を発足させた。以降、大正・昭和とビールの需要が伸びていく過程で、醸造技術、原料の品種改良など大日本麦酒が業界に果たした役割は多大なものがある。

EPISODE 04 1949-1961 「ニッポンビール」から「サッポロビール」へ

1964(昭和39)年、
サッポロビール株式会社に社名を変更。

1949年9月、大日本麦酒は過度経済力集中排除法の適用を受け、2社に分割される。その一つである日本麦酒は『サッポロ』『ヱビス』の商標を継承した。それでも多くのビール愛飲家からは『サッポロビール』を懐かしむ声が後を絶たなかったため、1956(昭和31)年、その声に応えて、『サッポロビール』は発祥の地・北海道に舞い戻り、その翌年には全国的に販売。そして1964年1月、会社名も今日の名称である、サッポロビール株式会社に変更した。

EPISODE 05 1971 「ヱビスビール」の復活

名品の誉れ高い『ヱビスビール』が
1971(昭和46)年に復活。

大日本麦酒の主力ブランドであった『ヱビスビール』は、1971年12月、28年ぶりに復活を果たす。サッポロビールの技術陣の精鋭達が、副原料を使用しない本格的な麦芽100%ビールの製造に取り組み、わが国では戦後初めての麦芽100%のドイツタイプのビール発売された。後にプレミアムビールの地位を築く『ヱビスビール』はその品質の高さから大きな人気を博すことになった。

EPISODE 06 1977 ロングセラー、「黒ラベル」

びん詰め生ビールのパイオニア
「サッポロびん生」

ビヤホールの「生」を家庭で手軽に味わいたいという愛飲家の強い要望に応えるために、サッポロビールの技術陣は研究を重ね、生ビールのうまさをそのままびん詰めする技術の開発に成功。こうして1977年に発売されたのが『サッポロ〈びん生〉』である。この商品は、当時「びん生党」という言葉も生まれるほどの高い支持を得た。その後、多くの人々に愛された黒いラベルにちなんで愛称となった『黒ラベル』を商品名として採用。生まれた時から今日まで変わることのない人気を誇っている。

EPISODE 07 2001-2006 終わることのない価値提案の伝統

製造には伝統が受け継がれている

130年前の開拓使麦酒醸造所から始まるサッポロビールの開拓者精神は、その商品開発に受け継がれている。2004(平成16)年には、エンドウたんぱくという全く新しい原料と独自の製法を駆使し、かつてないスッキリ味を実現して新しい酒文化を創造した『ドラフトワン』を全国展開した。さらに2006年4月に焼酎事業に参入するなど、変化するお客様のニーズを的確に捉えた商品の提案・育成を行っている。

EPISODE 03 1897-1906 宇宙を旅した大麦種子から造ったビール

Space Barley

2006年、サッポロビールが独自に開発した大麦品種「はるな二条」が、宇宙実験の試料種子に選ばれた。
宇宙に旅立った「はるな二条」は、国際宇宙ステーション内での5ヶ月間の保管、さらに一部を宇宙ステーションで発芽・生育させる実験にいずれも成功して、世界の注目を集めることとなった。そして2009年、この宇宙を旅した大麦種子の子孫を生育してつくったビール『Space Barley(スペース バーレイ)』をチャリティ販売。記者会見映像は、全世界で放送される運びとなった。

EPISODE 09 2009-2010 限定販売の「チョコレートのお酒」が大好評

ショコラブルワリー

2009年1月、北海道生まれのチョコレートメーカー「ロイズコンフェクト」とコラボレーションして、ビールにチョコレート麦芽とカカオニブを加えたチョコレートのお酒「ショコラブルワリー(ビター)」をインターネットで限定販売。これは発売開始5日で完売し、高い評価をいただいた。

EPISODE 10 special Issue 品質へのこだわり

ドイツでの受賞の様子

健康・安全・安心、そしておいしさ。お客様が私たちに寄せる期待は年々高まってきている。そのどれもが、良質な原料、信頼できる生産者、高度な管理システムがなければ実現できないもの。サッポロビールは創業以来、原料や品質にこだわり、独自の取組みを行ってきた。特に、ビールは、主に麦芽とホップでつくるもの。その品質は、ビールや発泡酒のおいしさにダイレクトに影響する。サッポロビールには原料の専門家集団である「フィールドマン」がいて、世界中の畑へ出かけていき、生産者と共に大麦・ホップを育てる取組みを行っており、世界各国の約2,100軒の生産農家を直接訪ねて、生産者とミーティングを重ねている。畑を慎重に選び、安全で、品質の高い原料のみを使用することで、サッポロビールはより良いビールを追い求め、私達の他にはない商品に対するアプローチにより、多くのお客様からも喜びの声を頂戴している。
創業以来、サッポロビールは、より良い原料と品質を求めて独自の技術とノウハウを蓄積してきた。サッポロビールが開発した"はるな二条麦"は"奇跡の麦"と呼ばれ、開発から20年以上経った今でも世界でも最高品質種として使用されている。 また、1970年代にチェコのホップ畑がウイルスの影響により危機的状況に陥った時、それを救ったのはサッポロビールのウイルスに強いホップだった。私達の商品は、様々な世界レベルの技術と経験に支えられ、歴史を通して培われたものなのである。

海外展開商品の紹介

ページの先頭に戻る