サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > CSR > 環境保全 > 3Rの推進(水資源の保全)

3Rの推進

基本的な考え方

サッポログループは、限りある資源を有効に使うため、また環境負荷を低減するため、原材料調達から廃棄・リサイクルまでの各段階で3R※を進めています。
原材料調達における容器・包装等の3R、製造にともなう副産物・廃棄物の3Rなどに努めるとともに、製品提供ではビールサーバーの長寿命化による廃棄台数の抑制などを実施しています。また、排水や雨水の再利用、節水システムの導入などといった水資源の保全や、外食事業での生ごみの削減、廃棄物を利用した発電などさまざまな取り組みを推進しています。

※ 3R Reduce(リデュース=発生抑制)、Reuse(リユース=再使用)、Recycle(リサイクル=再資源化)の略称。

水資源の保全

容器・包装の「3R」廃棄物の「3R」化学物質管理・公害防止

水の使用量と排水の適正管理

サッポログループは、水の使用量や発生する排水を適切に管理し、水資源の保全を推進しています。今後も、グループ全体で貴重な水資源の保全に取り組んでいきます。

■サッポロビール

各工場では、ビール製造設備の洗浄・殺菌工程における水の使用の3Rとともに、排水量の削減、各所在地域の法令・条例などにもとづいた排水水質の適正管理に努めています。

用水処理フロー(概念図)

サッポロビールで使用する水の流れを示したフロー図

水再利用状況

■サッポロビール

サッポロビールでは、生産系の排水(工程に使用した水)を環境設備や機械冷却などの工程用途に再利用にし、用水使用量の削減に努めています。再利用率は約3~5%程度になります。

topics

排水再利用システムの導入

サッポロビール静岡工場では2000年より、水資源の有効活用を図るため、河川に放流する排水を回収し再利用するシステムを導入しています。
回収した排水は逆浸透(RO)膜※にて有機物などの汚れを除去し、冷却塔の補給水や汚泥脱水機の洗浄水など、生産以外の場所にて再利用しています。このシステムで回収される排水は、静岡工場で使用する水の1割程度を占めており、水資源の節約と有効活用につながっています。

※ 逆浸透(RO:Reverse Osmosis)膜 ろ過膜の一種で、水だけを通し、イオンや塩類など水以外の不純物は透過しない性質をもつ膜のこと。
排水再利用システム
静岡工場の逆浸透(RO)膜設備
排水再利用システム

■「恵比寿ガーデンプレイス」

地域に降った一部の雨水を集め、ろ過・滅菌処理し、冷却塔の補給水として活用しています。また、施設内で発生した雑排水と厨房排水は、微生物による有機物の分解除去を行う生物膜ろ過設備等で中水として再生し、植栽への潅水やトイレの便器用の流し水などに再利用しています。

恵比寿ガーデンプレイス中水処理設備

「恵比寿ガーデンプレイス」内の
中水処理設備

処理前の原水(写真左)、処理後の中水(写真中央)、比較用の上水(写真右)

処理前の原水(写真左)、処理後の中水(写真
中央)、比較用の上水(写真右)
CSRレポートダウンロード
CSRレポートダウンロード
サッポログループのCSRに関する各種活動を報告しています。

こちらから、CSRレポートのPDFデータをダウンロードいただけます。

CSRレポート 無料請求サイト
エコホットライン

※ここから先は外部サイトへのリンクとなります

編集方針・GRIガイドライン対照表