サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > CSR > 環境保全 > 3Rの推進(廃棄物の「3R」)

3Rの推進

基本的な考え方

サッポログループは、限りある資源を有効に使うため、また環境負荷を低減するため、原材料調達から廃棄・リサイクルまでの各段階で3R※を進めています。
原材料調達における容器・包装等の3R、製造にともなう副産物・廃棄物の3Rなどに努めるとともに、製品提供ではビールサーバーの長寿命化による廃棄台数の抑制などを実施しています。また、排水や雨水の再利用、節水システムの導入などといった水資源の保全や、外食事業での生ごみの削減、廃棄物を利用した発電などさまざまな取り組みを推進しています。

※ 3R Reduce(リデュース=発生抑制)、Reuse(リユース=再使用)、Recycle(リサイクル=再資源化)の略称。

水資源の保全容器・包装の「3R」

廃棄物の「3R」

化学物質管理・公害防止

製造拠点での取り組み

サッポロビールは1998年、ポッカサッポロは2006年以来、商品製造にともなう副産物・廃棄物の100%再資源化をビール工場、自社飲料・食品工場で達成しており、現在はその維持と発生量抑制に努めています。またビール工場では、嫌気性廃水処理システムの導入に加え、廃水の浄化過程で発生するバイオガスをボイラ燃料に用いるなど、熱エネルギー利用も実施しています。

ビール製造工程で発生する副産物 ・ 廃棄物とその再生用途

ビール製造の各工程で発生する副産物・廃棄物とその再生用途を示した図

※ モルトフィード ビール原料の麦芽からエキスを抽出した後に残る穀皮の部分

ライフサイクルアセスメントの活用による取り組み

サッポロビールではビールサーバーにおける3Rの取り組みを実施しています。

外食事業での取り組み

リサイクルループの流れ

サッポロライオンでは、食を扱う企業として、調理残渣などの生ごみを減らす取り組みをしています。一部の店舗では、生ごみを外部に委託して電気と熱にリサイクルしています。また、銀座ライオンKITTE博多店では再生利用事業計画認定制度(食品リサイクルループ)の認証を受けています。

不動産事業での取り組み

BDFを利用した廃棄物処理車両

BDFを利用した廃棄物処理車両

「恵比寿ガーデンプレイス」では、施設内の飲食テナント様から廃棄される食用油を回収し、化石燃料の代替エネルギーであるBDF※1としてリサイクルしています。 廃食用油の一部は、廃棄物処理センターの運営会社のBDF工場において原料として使用され、高品質※2に精製されたBDFは、廃棄物処理を専門に行う一部の車両に使用しています。これからも3Rを推進し、環境に優しいまちづくりに努めていきます。

※1 BDF:Bio Diesel Fuelの略で、生物由来油からつくられるディーゼルエンジン用燃料の総称であり、
バイオマスエネルギーの一つ。
※2 JIS K 2390の規格および東京都環境確保条例の規制をクリア。
コミュニケーションブックダウンロード
コミュニケーションブックダウンロード
サッポログループのCSRに関する各種活動を報告しています。

こちらから、CSRレポートのPDFデータをダウンロードいただけます。

CSRレポート 無料請求サイト
エコホットライン

※ここから先は外部サイトへのリンクとなります

編集方針・GRIガイドライン対照表