サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > CSR > 環境保全 > 自然との共生(生物多様性保全のために)

自然との共生

基本的な考え方

サッポログループは、自然の恵みに感謝し、地域開発、原料栽培、製造などの段階で生物多様性を考慮し、その保全活動に取り組んでいます。また、地域の皆様と一緒に生物多様性保全の大切さを学ぶ次世代教育や、商品・サービスを通じた環境教育を行っています。

生物多様性保全のために

水を守る活動森を守る活動 環境美化活動

サッポログループ生物多様性保全ガイドライン

グループが取り組むすべての環境保全の取り組みは、最終的に生物多様性の保全につながると考え環境保全活動を推進していきます。

サッポログループは

・事業活動系と社会貢献系の両面から生物多様性保全に取り組みます。
・事業活動のライフサイクル全体から生物多様性保全に取り組みます。
・地域の皆さまやNPOと協働で生物多様性保全に取り組みます。
・従業員の生物多様性保全の教育に積極的に取り組みます。
・グループ各社の特性を生かして連携・協働して生物多様性保全に取り組みます。

ビオトープ園を活用した環境教育

サッポロビールでは、ビオトープ園を有する静岡工場と北海道工場において、地域の親子に同園を開放し、自然観察会などを実施しています。
静岡工場では、地域の自然保護団体「やきつべの里フォーラム」の方々、焼津水産高校、東益津公民館にご協力をいただき、2010年以降親子自然観察会を実施しています。北海道工場では、雪印種苗(株)の自然環境グループとともに、自然を体験するイベントを実施しています。
これからもよりよいビオトープ園づくりを行い、近隣の子どもたちの環境教育の場として活用していきたいと考えています。

  • 静岡工場ビオトープ水生生物調査
    静岡工場での活動
  • 自然観察会
    北海道工場での活動
※ 静岡工場ビオトープ園は2018年5月まで見学休止中
CSRレポートダウンロード
CSRレポートダウンロード
サッポログループのCSRに関する各種活動を報告しています。

こちらから、CSRレポートのPDFデータをダウンロードいただけます。

CSRレポート 無料請求サイト
エコホットライン

※ここから先は外部サイトへのリンクとなります

編集方針・GRIガイドライン対照表