サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > CSR > 環境保全 > 環境基本理念と基本方針

環境基本理念と基本方針

基本的な考え方

サッポログループは、地球環境の保全をグループ全体の重要な経営課題と認識し、持続可能な社会の構築に貢献すべく、商品やサービスの全ライフサイクルに関わる一人ひとりが、環境負荷低減や生物多様性の保全などに主体的・継続的に取り組んでいます。
サッポログループは、取り巻く環境の変化に合わせ2010年に「サッポログループ環境基本理念」を見直し、「サッポログループ環境基本方針」を制定しました。これらをもとに地球環境の保全に配慮した事業活動をさらに推進していきます。

サッポログループ企業行動憲章

(※以下は企業行動憲章より抜粋)

2.(2)「持続可能な社会」の構築に貢献する環境への取組み

すべての事業分野において、また、製品・サービスのすべての段階において、環境に配慮し、地球温暖化防止および循環型経済社会などの、「持続可能な社会」の構築に貢献する取組みを進めます。

サッポログループ環境基本理念

(2003年12月16日制定、2010年12月20日改定)
サッポログループは、『潤いを創造し豊かさに貢献する』との経営理念のもと、すべての事業分野において提供する商品及びサービスの全ライフサイクルに亘り、社員一人ひとりが地球環境を守り、持続可能な社会を実現するために積極的に行動することを約束します。

サッポログループ環境基本方針

(2010年12月20日制定)

サッポログループ各社が、環境目標を定め活動するための基礎をなすものです。

各事業会社の環境行動指

■サッポロインターナショナル

環境行動指針
(2009年4月9日制定)

海外市場での事業展開に際しては、現地の環境保全に十分配慮します。

■ポッカサッポロ

環境行動指針
(2013年1月1日制定)

1.環境に関する法律・規則・協定や自主的に定めた規則など管理基準を遵守し、環境保全活動を図ります。
2.環境管理体制を継続的に整備し、環境保全活動に取り組みます。
3.環境保全に配慮した商品開発および技術開発を推進します。
4.事業活動全般に関し省エネルギー・省資源および環境負荷の低減に努めます。
5.資源循環型社会を目指し、廃棄物の排出抑制と再資源化に努めます。
6.身近な環境保全活動を通して、地域・社会に貢献します。
7.上記のような環境に与える影響を考慮し、継続的に改善活動を行います。

■サッポロライオン

環境行動指針
(2003年12月8日制定)

1. 省エネルギー・省資源に努めます。
2. 食品リサイクル法への対応を目指し、廃棄物の減量化・再資源化を推進します。
3. グリーン調達を推進します。
4. 環境情報の公開に積極的に取り組みます。
5. 環境保全に関する諸法令を遵守し、社員の環境意識の高揚を図ります。

■サッポロ不動産開発

環境行動指針
(2003年12月16日制定、2009年5月11日改定)

1. 地球温暖化防止の取組みを進め、省エネルギー・省資源につとめます。
2. 施設から排出されるゴミのリサイクルを推進し、廃棄物の減少につとめます。
3. 環境負荷の少ない企業活動を行います。
4. 環境に関するコミュニケーションにつとめます。
5. 環境に関する法令を遵守します。 

CSRレポートダウンロード
CSRレポートダウンロード
サッポログループのCSRに関する各種活動を報告しています。

こちらから、CSRレポートのPDFデータをダウンロードいただけます。

CSRレポート 無料請求サイト
エコホットライン

※ここから先は外部サイトへのリンクとなります

編集方針・GRIガイドライン対照表