サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > CSR > 環境保全 > 環境中期方針

環境中期方針

(2015年8月26日制定、2018年5月21日改定)

サッポログループは2030年に向け持続可能な社会の実現のために、事業を展開する世界のそれぞれの地域と協働して、革新的な技術・手段の採用に努め、商品・サービスの開発・提供をはじめ、すべての事業活動で環境に配慮します。
また、従業員一人ひとりが主体的・継続的に地球環境を守る活動に取り組んでいきます。



1.地球温暖化防止


2013年比で事業活動におけるCO2排出量を原単位で12%削減します。



2.3Rの推進


原料調達から廃棄・リサイクルに至る全事業活動でリデュース、リユース、リサイクルの推進に努めます。
また、水資源の効率的利用に努めます。※



3.自然との共生


各事業の強みを最大限に活かし、環境美化や生物多様性保全に取り組みます。

※ 2030年までにサッポロビールとポッカサッポロフード&ビバレッジの生産工場における合計水使用量を2013年比で6%削減します(2013年時点の事業範囲を対象)
コミュニケーションブックダウンロード
コミュニケーションブックダウンロード
サッポログループのCSRに関する各種活動を報告しています。

こちらから、CSRレポートのPDFデータをダウンロードいただけます。

CSRレポート 無料請求サイト
エコホットライン

※ここから先は外部サイトへのリンクとなります

編集方針・GRIガイドライン対照表