サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > CSR > 社会との共栄 > 地域貢献(地域とのパートナーシップ) > 創業の地、北海道とともに > コミュニケーションスペースとして(サッポロファクトリー)

コミュニケーションスペースとして

明治初期、開拓使はお雇い外国人ホーレス・ケプロンの進言を受け入れ、「勧業」「勧農」を旗印に創成川の東岸地域一帯に、麦酒醸造所をはじめとして欧米から取り入れた当時の最先端技術を集積した一大工業施設群を建設しました。
それは、広大な北海道を開拓するためのベースキャンプであると同時に、日本の近代的な産業振興のシンボルゾーンと言えるものでした。この施設群と開拓使札幌本庁舎(北海道庁および旧本庁舎敷地内)を結ぶ通りは「札幌通」と名づけられ、開拓使時代のメインストリートとなりました。
そして、いつの頃からか「開拓使通」と呼ばれるようになりました。現在は北三条通と呼ばれています。
サッポロファクトリーとサッポロガーデンパークは、歴史が刻まれたこの通りとともに、市民にも観光客にも親しまれる2大コミュニケーションスペースとなっています。

開拓使通を中心とした、サッポロファクトリーとサッポロガーデンパークの位置関係を示す地図

サッポロファクトリー

サッポロガーデンパーク
サッポロファクトリーの沿革を示すイメージ写真

季節ごとの楽しみに出会える街

サッポログループのルーツ「開拓使麦酒醸造所」は、1876(明治9)年、北海道札幌に誕生しました。以来、私たちは北海道の自然の恵みと地域の人々への感謝を胸に、ビールづくりに励んできました。麦酒醸造所は1906(明治39)年、札幌工場(後の第1製造所)へと改称し、1966(昭和41)年には札幌第2工場(後の第2製造所)が設立されました。その後、第1製造所は工場周辺の急激な都市化もあり、1989(平成元)年に恵庭市へと移転し、跡地の再開発が進められました。こうして1993(平成5)年4月、全天候型のアトリウムを中心に多彩な施設を複合した街として、サッポロファクトリーが誕生しました。

サッポロファクトリー・アトリウム 宗谷の「観光」と「食」のPR展

サッポロファクトリー・アトリウム
宗谷の「観光」と「食」のPR展

広尾町寄贈のクリスマスツリー点灯式

広尾町寄贈のクリスマスツリー点灯式

オータムビアフェスト

オータムビアフェスト

地域とのコミュニケーション

サッポロファクトリーはイベントなどへの会場提供のほか、さまざまな活動を通じて地域とのコミュニケーションを深めています。2006年にスタートした春恒例の「サッポロファクトリー清掃活動 アースデイ」に、毎年、地元町内会、ファクトリーのテナントおよびスタッフなどが参加しています。

関連情報リンク

コミュニケーションブックダウンロード
コミュニケーションブックダウンロード
サッポログループのCSRに関する各種活動を報告しています。

こちらから、CSRレポートのPDFデータをダウンロードいただけます。

CSRレポート 無料請求サイト
エコホットライン

※ここから先は外部サイトへのリンクとなります

編集方針・GRIガイドライン対照表