サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > CSR > コーポレートガバナンス > コンプライアンスの推進

コンプライアンスの推進

基本的な考え方

サッポログループでは、社会から信頼され続ける企業グループであるために、全ての役員・従業員に確かな倫理観に基づく行動を促す規範として、企業倫理に主眼を置いた「サッポログループ企業行動憲章」を定めています。
この「サッポログループ企業行動憲章」を周知・理解・浸透させて、日常の業務での判断や具体的な行動に落とし込ませることが、グループのコンプライアンスの推進にとって重要であると考え、以下のような体制を構築し、グループ社員の継続的な啓発・教育に取り組んでいます。

1. コンプライアンス推進体制

1)基本方針

  • ・全ての役員・従業員(以下「全従業員」という)に、確かな倫理観に基づく行動を促す規範として「サッポログループ企業行動憲章」を定めています。
  • ・グループリスクマネジメント部(以下、GRM部)をグループ全体のコンプライアンス推進の主管部署として体制を構築し、グループ社員の継続的な啓発・教育に取組んでいます。
  • ・グループにおける不正行為の未然防止・早期発見を目的とする「サッポログループ企業倫理ホットライン」を設置しています。また、業務執行ラインから独立した内部監査組織であるグループ監査部が、当社ならびに子会社の業務全般を対象に法令・定款・社内規程の遵守状況について監査を行っています。

2)コンプライアンスを啓発・推進する機関・組織等の設置

サッポロホールディングス社のGRM部が、グループ全体のコンプライアンスを推進します。グループ各社においては、コンプライアンス推進担当部署を定め、自社内での推進に取り組んでいます。
また、主要なグループ会社では、事業場にて「コンプライアンス・キーパーソン」を選任し、職場におけるコンプライアンスの取り組みの推進役となっています。定期異動等で新たに選任されたコンプライアンス・キーパーソンには、グループ合同で研修会を開催し、推進役としての知識と視座を高めています。

3)具体的な取り組みに向けた方針

■ サッポログループ企業行動憲章の周知

  • ・グループで働く全ての従業員に適用される「サッポログループ企業行動憲章」は、各社の社内イントラネットやミニブック等の携帯用ルール集に掲載、配布することで、自社内に周知しています。
  • ・「サッポログループ企業行動憲章」の内容は、グループ全従業員を対象としたコンプライアンスe-ラーニングや、各社で開催する職場勉強会等を通じて、理解・浸透を図っています。

■ サッポログループ基本方針、サッポログループ基本規程、自社の基本方針等の周知

  • ・サッポログループでは、「サッポログループ経営理念・経営の基本方針」をはじめとする各種基本方針や、様々な規程・規則を定めています。これらの基本方針、規程・規則は、「サッポログループ企業行動憲章」と同様、社内イントラネットに掲載し、ミニブック等の携帯用ルール集にはその趣旨・概要を掲載・配布することで全従業員に周知しています。
    特に、重要法令遵守を目的とした「反社会的勢力排除に向けた体制に係る基本方針」「サッポログループのインサイダー取引等の防止に関する規則」等については、グループ全従業員を対象としたコンプライアンスe-ラーニングや職場勉強会等を実施・開催し、内容の理解・浸透を図っています。

■ 各種法令の調査・研究、社内啓発

  • ・サッポログループ各社は、会社運営や事業遂行に係わる各種法令について、当該法令が適確に遵守されるよう、各部署が所管する法令を明確にし、調査・研究を行っています。法令改正情報についてはタイムリーに情報を入手するシステムを活用しています。 
  • ・各法令を所管する部署は、特に重要な法令に関する情報を、社内の関係者に対し適切な方法で周知しています。

■ 内部通報制度

サッポロホールディングス社は、グループ内の不正行為の防止・早期発見、高い倫理観の醸成などを目的として、2003年に「サッポログループ企業倫理ホットライン規程」を制定しました。この規程では、不正行為を知った者に通報を義務づけるとともに、通報者に不利益がおよぶことを防止する対策、通報内容に基づいての調査や対応などを定めています。本規程にもとづき、GRM部を事務局として「サッポログループ企業倫理ホットライン」を設置し、運用と周知に努めています。
通報のうち、重大な不正行為が疑われるものについては、その概要を速やかにGRM委員会事務局に報告します。GRM委員会事務局は、同委員会委員長又は委員長代行の指示を受けて、必要に応じGRM委員会として調査を実施し、不正行為が行われていること又は行われようとしていることを確認した場合は、当該会社又は行為者に対してその行為を中止するよう命令します。
また、ハラスメントに関する相談は、別途設置している「サッポログループ共通ハラスメント相談窓口」でも受け付けています。
上記2つのグループ共通窓口とは別に、ポッカサッポロフード&ビバレッジ社とサッポロライオン社は企業倫理相談窓口を、サッポロビール社およびサッポロ不動産開発社ではハラスメント相談窓口を、それぞれ設置しています。
なお、2017年は14件の通報、相談がありました。いずれの案件も社内規程に則り、適切に対応しました。

■ 贈収賄防止方針

サッポログループは、サッポログループ企業行動憲章に基づき、「サッポログループ贈収賄防止 基本方針」を策定し、日本国の刑法及び不正競争防止法のみならず、サッポログループが事業を遂行する地域に適用される米国海外腐敗行為防止法(Foreign Corrupt Practices Act)、英国贈収賄防止法(Bribery Act)をはじめとした各国の贈収賄の禁止に関する法令等を遵守し、賄賂の授受に代表される腐敗行為(贈賄・収賄等)を禁止することを定めています。
サッポログループでは、「サッポログループ贈収賄防止 基本方針」に基づき、国内・国外を問わず公務員などへの贈賄を含む腐敗行為を監督し、その防止を図っています。

2. コンプライアンス推進の取り組み

1)グループ共通施策

サッポログループでは、下記の施策をグループ共通で展開し、グループ各社が主体となって取り組みを行っています。

ミニブック

  • (1) ミニブックの作成・配布
    コンプライアンスに関するグループ共通の事項を記載した、携行用のミニブックを作成し、社員に配布して、コンプライアンス推進に必要な事項の周知を行っています。
    主な掲載内容) サッポログループの経営理念、企業行動憲章や主要なグループ規程、企業倫理ホットラインなどの相談窓口、ハラスメント防止や個人情報保護、反社会的勢力排除の取り組みなど

「改訂版サッポロケースブック」

「改訂版
サッポロケースブック」
  • (2) グループ共通コンプライアンスeラーニングの実施
    従業員一人ひとりが、「サッポログループ企業行動憲章」および重要なグループ基本方針・規程、重要法令を理解し、確かな倫理観に基づいて行動すること、そしてそれにより、日常の行動におけるコンプライアンスリスクの低減を図ることを目的として、2007年以降、すべての従業員を対象としたコンプラアンスeラーニングを実施しています。
    例年、4回実施し、対象者のコンプライアンス意識の向上と知識の定着に向けた継続的な取り組みをおこなっています。
    <コンプライアンスeラーニングの実施内容(2016年および2017年)> 人権・ハラスメント、ダイバーシティ、適正飲酒、SNS、企業倫理ホットライン、反社会的勢力排除、インサイダー取引防止、個人情報保護、環境・廃棄物、品質保証、食中毒、景表法、著作権法、安全運転、災害対策
  • (3) ケーススタディによる職場勉強会
    コンプライアンス意識のさらなる向上や、倫理的な価値判断の職場での共有を目的として、コンプライアンス事例集である「サッポロケースブック」(2008年初版発行、2013年改訂版発行)などを用いた勉強会を、職場ごとに実施しています。
  • (4) 従業員のコンプライアンス意識調査
    コンプライアンス意識や企業行動憲章に基づいた行動が従業員に浸透しているかを確認するため、グループ共通で従業員意識調査を実施しています。結果は、グループ各社の経営層に報告し、コンプライアンス施策に役立てています。
    2007年から2012年までは、原則2年毎にて、コンプライアンス意識調査を実施しました。2013年以降は、人事部門主催の「従業員意識調査」の中でコンプライアンスに関する調査を実施しています。

2)グループ各社の独自施策

グループ横断施策以外に、グループ各社では下記のような独自の取り組みも行っています。

■ サッポロライオン

食品リサイクル法について解説する「ライオン日和」

食品リサイクル法について解説する
「ライオン日和」

4コマ漫画を用いたCSR教材を毎月発行

外食事業の特性上、店舗数及びパート・アルバイト従業員も多いため、集合での研修による教育・啓発は簡単には実施出来ません。そこで、短時間のミーティング等でコンプライアンス上の問題が理解出来るよう、4コマ漫画を用いた独自のCSR教材「ライオン日和」を月1回発行。その時々のテーマをわかりやすく伝えることで、コンプライアンス意識の浸透に努めています。

■ サッポロ不動産開発

「旬のこんぷら定食」のトップページ

「旬のこんぷら定食」のトップページ

タイムリーなコンプライアンスのトピックを解説するCSR教材を毎月発行

社員のコンプライアンス意識向上のため、15ページ程の学習教材「旬のこんぷら定食」を毎月独自に作成し、社員がネット上でこれを学習しています。この学習により、複雑化の進むコンプライアンスに関する知識を、楽しみながらタイムリーに習得し、日々の業務に活かしています。

3)適正飲酒の社内取り組み

サッポログループは、酒類事業を展開する企業グループとしての社会的な責任として、適正飲酒の啓発活動を行うとともに、グループの従業員に対しても適正飲酒の取り組みを行っています。
サッポログループの従業員は、自らも適正飲酒を実践する必要があり、過度な飲酒は、ハラスメントや情報漏えいなどのコンプライアンスリスクや周囲への迷惑行為につながる可能性が高まるため、次のような適正飲酒教育を行っています。

4)反社会的勢力排除の取り組み

サッポログループでは、「サッポログループ企業行動憲章」において、反社会的勢力に屈しない断固たる決意をもって行動することを定めており、各都道府県の暴力団排除条例の制定・施行にも配慮し、反社会的勢力との関係遮断を徹底しています。サッポロホールディングスでは、「内部統制システム構築の基本方針」の一環として定めた「反社会的勢力排除に向けた体制に係る基本方針」を、2011年10月に施行された東京都暴力団排除条例の趣旨をふまえ、同年12月に内容を改定してサッポログループの方針とし、「反社会的勢力・団体とは一切の関係を遮断する」ことを明確にしました。また契約書を締結する際、相手方が反社会的勢力に該当しないことを確認し、万が一反社会的勢力であると判明した場合には、契約を解除できる旨の特約を定めることに取り組んでいます。

コミュニケーションブックダウンロード
コミュニケーションブックダウンロード
サッポログループのCSRに関する各種活動を報告しています。

こちらから、CSRレポートのPDFデータをダウンロードいただけます。

CSRレポート 無料請求サイト
エコホットライン

※ここから先は外部サイトへのリンクとなります

編集方針・GRIガイドライン対照表