サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > CSR > サッポログループのCSR > 経営理念とCSR基本方針

経営理念とCSR基本方針

基本的な考え方

「CSR」は、Corporate Social Responsibilityの略で、一般的に「企業が社会の一員として果たすべき責任」と説明されています。1876年の創業時からの「おいしさ、品質へのこだわり」「フロンティアスピリット」などが私たちのDNAであり、それらを核にグループ各社がその事業を通じて社会に対する責任を果たすことが「潤いを創造し 豊かさに貢献する」という経営理念の実現につながると考えています。サッポログループのCSRとは、『経営理念、経営方針の具現化を通じて、社会に対する責任を果たし、ステークホルダーの信頼を高め、企業の価値を向上させること』です。

サッポログループ新経営構想の全体像

サッポログループ新経営構想の全体像

サッポログループ企業行動憲章(2003年9月制定、2013年12月改訂)

サッポログループの経営理念を日常の行動で実現するための基本方針であり、グループ各社で定める諸規定などの基礎をなすものです。
本憲章は、企業倫理に主眼を置いており、確かな倫理観にもとづく行動を促すことによって、サッポログループの企業価値向上をめざします。
制定から10年を経た2013年12月、「企業の社会的責任」を取り巻く状況の変化に鑑み、一部を改訂しました。

「国連グローバル・コンパクト」への加盟

サッポロホールディングスは、2013年10月31日、「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に加盟しました。UNGCは、国連が提唱する持続可能な成長を実現するための国連と企業の協力の枠組みで、「人権」・「労働」・「環境」・「腐敗防止」の4分野にわたる10の原則を掲げ、企業に責任ある行動を促すものです。
サッポログループはこの10原則を支持し、これまで以上にステークホルダーの信頼に応えるべく、「サッポログループCSR重要課題」への取り組みを軸に、誠実な企業活動に努めてまいります。

国連グローバル・コンパクト10原則
CSRレポートダウンロード
CSRレポートダウンロード
サッポログループのCSRに関する各種活動を報告しています。

こちらから、社会貢献活動PR冊子のPDFデータをダウンロードいただけます。

CSRレポート 無料請求サイト
エコホットライン

※ここから先は外部サイトへのリンクとなります

編集方針・GRIガイドライン対照表