サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > CSR > 『酒・食・飲』による潤いの提供 > 安全・安心の品質(外食事業での取り組み)

安全・安心の品質

基本的な考え方

サッポログループは食品を扱う企業グループとして「商品・サービスの品質の追求と安全性の優先」を掲げ、お客様に信頼される企業を目指して取り組んでいます。
また、研究・商品開発から原材料の調達、製造、物流、販売まで、お客様のお手元にいたるすべての段階における品質が重要と考え、その向上に取り組んでいます。

品質の考え方と体制 酒類事業での取り組み 食品・飲料事業での 取り組み

外食事業での取り組み

不動産事業での取り組み さらなるお客様満足のために

基本方針

サッポロライオンは、食品の提供に従事する企業として、お客様に安全・安心な商品を提供する義務と責任を負っています。
こうした認識のもと、食材の調達から、店舗での調理・商品提供にいたるまで、徹底した品質・衛生管理を行い、お客様に安心してご利用いただけるよう、努めています。

食材の品質保証

■不測の事態への備えと対応

食材の産地に起因する懸念や問題が発生した際は、取引先の品質管理部門と連携して、速やかな情報開示の徹底に取り組むとともに、迅速な社内連絡により調達先を他産地の仕入先に変更します。また普段から、農林水産省・厚生労働省のリリース情報を中心に情報収集を行い、安全な食材提供に取り組んでいます。なお、主力商品の仕入れに関しては、万が一の場合にもお客様へ供給が途切れることがないように複数購買体制で備えています。

日本一おいしい生ビールの提供をめざす取り組みを継続

店頭に掲示するこだわり品質のポスター

店頭に掲示するこだわり品質のポスター

サッポロライオンは、日本初のビヤホールを誕生させたパイオニア企業として、「日本一おいしい生ビールの提供」をスローガンに、その実践に日々取り組んでいます。
その一環として、「ライオンビヤマイスター」として社内認定を受けた熟練カウンター担当者や設備担当者がパート・アルバイトを含めた従業員に指導する「生ビール研修」を実施し、ビールに関する知識習得のための講義とともに、ビヤホール「銀座ライオン」伝統の注出方法である「一度注ぎ」技術を指導しています。
また、全店で年1回のビールホース交換作業と氷冷サーバーのビールラインの薬液洗浄作業を実施すると共に、ビールサーバーの各器具・グラスの洗浄や衛生管理にも日頃から力を入れています。
さらに、おいしい生ビールを常に最適な温度で楽しんでいただくため、店舗での温度管理を徹底。生ビール注出時の液体温度を2~3℃に保っています。また、こうしたこだわりを店頭ポスターで掲示し、お客様にもPRしています。

店舗の衛生管理

サッポロライオンは、お客様に安心してお食事を召上っていただくために、全国に展開する店舗への衛生監査を、年1回実施しています。同社の衛生顧問が各店舗を巡回し、約130のチェック項目からなる食品衛生点検表をもとに衛生管理状況を評価するほか、各店舗で管理している食品衛生管理台帳を確認するなど、衛生管理上必要な書類の管理状況を点検・記録しています。なお食品衛生点検表は、さらなる衛生の向上を目指して改訂更新を行います。また、食品や器具類の微生物検査やふきとり検査を抜き打ちで実施し、品質の確認と安全・安心な食の提供に努めています。衛生監査および微生物検査の結果、改善が必要な項目があった場合には、店舗側に改善報告書の提出を求め、実際に改善されているか確認しています。

従業員への衛生管理教育と体制づくり

■衛生管理意識の強化

衛生管理の徹底には、従業員一人ひとりの衛生管理意識を高めることが重要です。そこで、各店舗には衛生管理に関する基本的なルールをまとめた小冊子「衛生管理マニュアル」を配布しています。調理担当者には中国人スタッフもいるため、中国語字幕付き衛生管理ビデオ教材を製作しています。これら冊子やビデオの衛生管理マニュアルにより調理スタッフはもちろん商品を提供する客席スタッフまで、社員、パート・アルバイトを問わずに衛生意識の浸透を図っています。
さらには、定期的な検便や日々の健康チェックシートによる健康確認、eラーニングを使用した個人学習、衛生講習会の実施、食品衛生にかかわる情報提供により、個人の衛生教育に注力しています。

喜びを提供する空間づくり

飲食を通じて“JOY OF LIVING(生きている喜び)”を提供することを理念に、お客様が安心して飲食を楽しめる空間となるよう、車椅子のお客様へ配慮して店内の段差を極力なくす店内造作から、椅子・テーブル、空調や排気にいたるまで快適な空間づくりに努めています。
また、健康増進法の施行にともなって受動喫煙防止の意識が全国的に高まるなか、受動喫煙防止条例が制定された自治体で営業する店舗だけでなく、新規開店及び改装店舗では、全面禁煙や完全分煙対策を実施しています。さらに、サッポロライオンの基幹店舗「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」においても、喫煙ルームを新たに設置し全席禁煙としました。今後も店舗の分煙については大きな課題として取り組んでいきます。

  • ビヤホールライオン 相鉄店 喫煙ルーム
    ビヤホールライオン 相鉄店
    喫煙ルーム
  • ビヤホールライオン 銀座七丁目店 喫煙ルーム
    ビヤホールライオン 銀座七丁目店
    喫煙ルーム
  • 浩養園 障がい者用トイレ
    浩養園
    障がい者用トイレ

CSRレポートダウンロード

CSRレポートダウンロード
サッポログループのCSRに関する各種活動を報告しています。

こちらから、CSRレポートのPDFデータをダウンロードいただけます。

CSRレポート 無料請求サイト
エコホットライン

※ここから先は外部サイトへのリンクとなります

編集方針・GRIガイドライン対照表