サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > CSR > 社会との共栄 > 持続可能な調達(公正な競争を)

持続可能な調達

基本的な考え方

サッポログループは、市場経済の原則である自己責任原則に則り、自助・自律意識にもとづいて、公正で自由な競争を展開します。商品の販売にあたっては、法令や業界、自社の自主基準などを遵守し、競争を制限するような行為は厳にこれを慎しんでいます。

公正な競争を

公正・公平な調達を パートナー関係の強化 安全・安心な原料の調達

社内外のガイドラインにもとづいた販売活動

■サッポロビール

酒類は、致酔性のある飲料であり、また酒税法で販売免許などが定められている商品であることから、法令を遵守することは当然として、社会的な影響や責任を考慮した取引に努めています。
具体的には、「景品表示法」、ビール酒造組合で定めた「公正競争規約」、酒類業界で定めた「酒類の広告・宣伝及び酒類容器の表示に関する自主基準」、自社で定めた「景品類採用規程」などを遵守し、公正な販売促進活動と広告宣伝活動に努めています。
また、営業担当者向けの研修会やコンプライアンス勉強会などで、これらの活動についての従業員教育に取り組んでいます。

■ポッカサッポロフード&ビバレッジ

営業上の取引について、営業担当者のみならず全従業員を対象に「サッポロケースブック」を活用した職場勉強会を実施し、企業行動憲章と各種法令、規定、ガイドラインとの関係を含めた理解と倫理観の醸成に努めています。 また、飲料や食品を製造しているメーカーとして食品表示の大切さをあらためて学び、かつ商品開発に携わる部門のレベルアップを図っていくことを目的に、食品表示検定協会が主催する『食品表示検定中級試験』に2013年度より、主に商品開発関係者を対象に、受験を実施しています。

CSRレポートダウンロード
CSRレポートダウンロード
サッポログループのCSRに関する各種活動を報告しています。

こちらから、CSRレポートのPDFデータをダウンロードいただけます。

CSRレポート 無料請求サイト
エコホットライン

※ここから先は外部サイトへのリンクとなります

編集方針・GRIガイドライン対照表