サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

メッセージ

平素はサッポログループに対し、格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。


サッポログループは「潤いを創造し 豊かさに貢献する」を経営理念に掲げ、お客様にご提供する商品・サービスを通じて新たな価値を創出し、持続的に企業価値を向上させることを目指しています。
1876年のビール製造に端を発したサッポログループは、おかげさまで2016年に創業140周年を迎えたことから、10年後の2026年、創業150周年に向けた新たな長期経営ビジョン「SPEED150」を策定しました。SPEED150で掲げる長期経営ビジョンは次の通りです。


サッポログループは
世界に広がる『酒』『食』『飲』で
個性かがやくブランドカンパニーを目指します


グループの成長の源泉は、創業以来140年の歴史の中で培われた「ブランド資産」にあると改めて認識した上で、グループのコア事業を『酒』『食』『飲』の3分野と位置づけ、不動産事業とともにグループ保有のブランドを育成・強化し、日本国内のみならず、世界に潤いと豊かさをご提供できる企業となることを目指します。


このビジョンを実現するため、2017年から2020年までの「第一次中期経営計画2020」を、飛躍的成長ステージに早期に移行するための「異次元スピードの変革」期間と位置付けます。
環境変化に即したグループ経営基盤の変革に加え、既存事業の継続成長と投資事業の成果創出により高めるキャッシュを基に、『酒』『食』『飲』の成長領域にフォーカスした「投資」、「財務体質の強化」、「株主還元の充実」とのベストバランスを追求していきます。 これまで以上に事業、財務あらゆる面から高い評価を得られる成長を果たすことで、ステークホルダーの皆様の期待に応えてまいります。


サッポログループは、新たに策定した長期経営ビジョン『SPEED150』と「第一次中期経営計画2020」に基づき、『酒』『食』『飲』を手掛けるユニークな「食品企業」として、未来にわたりお客様にとり価値ある存在であり続けたいと願っています。
その実現に向けた企業活動に邁進してまいりますので、今後ともより一層のご支援を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

 


サッポロホールディングス株式会社
グループ執行役員社長

村上 隆男