サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > ニュースリリース(その他グループ会社) > ジャパンプレミアムブリュー株式会社「Innovative Brewerビアチェッロ」新発売

ジューシービターが味わえる新ビールカテゴリー創造 「Innovative Brewerビアチェッロ」新発売
ジャパンプレミアムブリュー株式会社

2018年3月23日

サッポロビール(株)の100%子会社であるジャパンプレミアムブリュー(株)は「Innovative Brewer ビアチェッロ」を4月24日から発売します。

「Innovative Brewer」は、ナショナルビール・クラフトビールといった区分にこだわらず、ビールの既成概念にとらわれない独創的な価値提案を行い、新ビールカテゴリー創造にチャレンジするブランドとして昨年10月に立ち上げました。今年4月のビール定義変更(注1)によりビールのもつ可能性がさらに広がることを機に、新たに使用可能となる果物のピール(皮)を用いた、従来のビールと全く異なる"苦味"をもった新しいビールカテゴリーである「ビアチェッロ」を提案し、世の中に対して"Bitter Innovation"を起こす挑戦をしていきます。
ビールの国内消費が伸び悩む中、これまで"ビール本来の苦味"をあまり好まないお客様に対しては、従来のビアカクテルやRTD、フルーツビール等の商品では、主に甘味を加えたり、"苦味"自体を減らす方法を採用していました。「Innovative Brewerビアチェッロ」はそのような従来の製造方法ではなく、ビール定義変更により新たに使用が認められるグレープフルーツとオレンジのピール(皮)を、麦汁に浸漬させる独自の製造方法によって"苦味"を引き出した、新ビールカテゴリーです。これにより、ビール本来の価値である"麦の味わいや爽快感"をしっかり持ちつつ、"苦味"そのものをピール由来の"ジューシーな苦味"に変えることで、"苦味"をあまり好まないお客様にも受け入れやすい商品としました。

「Innovative Brewer」は既存のビール概念に縛られない自由な発想で、ビールの新価値提案を行い、ビールの成長機会を創出していきます。


(注1) 2018年4月からビールの定義が変更され、ビールとして使用可能な副原料の種類が拡大します。
これによって従来はビールで使用できなかった果実や一定の香味料を使用した酒類もビールとして認可されます。


1.商品名        Innovative Brewer(イノベーティブブリュワー) ビアチェッロ
2.品目          ビール
3.販売者        ジャパンプレミアムブリュー(株)
4.製造者        サッポロビール(株)
5.原材料        麦芽、ホップ、グレープフルーツピール、オレンジピール
6.アルコール分     5.5%
7.商品概要      ホップに加えて、グレープフルーツとオレンジのピール(皮)を浸漬させることで、ビールらしい麦の味わい
              に加えてジューシービターが楽しめる新しいビールカテゴリー
8.発売日        2018年4月24日
9.パッケージ・価格   ① 350ml缶 288円(参考小売価格 ※消費税込)
               ② 10L樽生 ※販売価格は店舗により異なります。
10.販売方法     ① 一部エリア・一部チェーン(詳細は後日ご案内予定)
               ②(株)サッポロライオン一部店舗にて販売
                 ※店舗詳細はブランドサイトに掲載します。
11.ブランドサイト   URL: http://www.japanpremiumbrew.jp/innovativebrewer/beercello
12.プロモーション    2018年4月20日~4月24日までの期間中、代官山の飲食店とタイアップしたプロモーションを
              展開します。(詳細は後日ご案内予定)


以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはサッポロホールディングスまでお願いいたします。