サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > ニュースリリース > 2006年 > 日本政策投資銀行の環境格付融資制度で最上位ランクに格付け 〜「食の安全・安心」と「環境」を両立させた環境経営を高く評価される〜(2006年03月22日)

日本政策投資銀行の環境格付融資制度で最上位ランクに格付け
〜「食の安全・安心」と「環境」を両立させた環境経営を高く評価される〜 

このニュースリリースに関するキーワード :

2006年03月22日

サッポロホールディングス株式会社(本社・東京、社長・村上 隆男)では、日本政策投資銀行から2006年3月20日(月)に、優良な環境経営に対して行われる環境格付融資制度で10億円の融資を受けました。当社の「食の安全・安心」と「環境」に配慮した環境経営を高く評価され、環境格付融資制度の「環境配慮型経営促進事業」に基づく格付けで最上位ランクに認定されました。
環境格付融資制度は、日本政策投資銀行が独自に開発した格付けシステムにより、その評価レベルに応じて優遇金利を設定する世界初の「環境格付融資」のことであり、優良な環境経営に対して融資される制度です。
今回の格付けでは、当社の酒類事業会社であるサッポロビールの「食の安全・安心」と「環境」を両立させた環境経営が高く評価され、最上位ランクを取得しました。主な格付け事由としては、
1. 「協働契約栽培※1」による「食の安心・安全」への取り組み
2. 「協働契約栽培」による原料栽培段階でのCO2排出量削減等に向けた環境対策への取り組み(栽培段階での減農薬や化学肥料の適正使用など)
3. ビール業界で初めて「LCA(ライフサイクルアセスメント)※2」をビール商品の環境影響評
  価に導入したこと
4. CO2排出量の削減を高いレベルで達成したこと(1990年比で2004年に42.5%削減を達成)
5. 全工場・全部門でのゼロエミッションの達成と維持、となります。
当社では、サッポロビールが取り組む「協働契約栽培」の活動を更に発展させ、より安全で安心で、地球に優しい原料作りを通じて環境に配慮した商品づくりに励んでいきます。

※ 1 「協働契約栽培」・・・「生産者の顔が見える原料」でお客様においしさと安全・安心を提供
するため、産地・品質・生産者を選定して契約を行ない、サッポロビールが栽培から加工まで管理にかかわりながら、生産者や加工メーカーと協働で品質を畑からつくりこんでいくシステム。2006年からビール・発泡酒等の主原料である麦芽とホップがすべて協働契約栽培となっている。
※ 2 「LCA(ライフサイクルアセスメント)」・・・製品の原料、製造、物流、使用、処分までの、製品の一生(ライフサイクル)において、環境へ排出される汚染物質や廃棄物などを定量的に測定し、環境への影響を評価(アセスメント)するもの。これにより、製品ライフサイクルの、どの過程で、どの程度の環境負荷が発生しているのかを客観的かつ科学的に把握でき、効果的な環境負荷の削減が可能となる。サッポロビールでは「協働契約栽培」に取り組んでいることから、ビール業界では唯一、LCAを指標として原料栽培段階での環境負荷の削減を目指している。

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはサッポロホールディングスまでお願いいたします。

ニュースリリース検索

カテゴリ別ニュースリリース