サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > ニュースリリース > 2007年 > スティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンド(オフショア)、エル・ピーからの質問等への対応について(2007年09月25日)

スティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンド(オフショア)、エル・ピーからの質問等への対応について 

このニュースリリースに関するキーワード :

2007年09月25日

 サッポロホールディングス株式会社(本社・東京、社長・村上隆男。以下「当社」といいます。)では、スティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンド(オフショア)、エル・ピー(以下「SPJ」といいます。)に対し、本日改めて、平成19年5月29日に当社よりSPJに交付した、当社株式の買付提案(注1)にかかる追加情報リスト(注2)に対する回答を提出していただくよう要請しましたので、お知らせします。
 なお、平成19年9月11日に、SPJより受領した当社グループの事業環境等に関する質問については、当社グループの各事業における競争関係上、あるいは顧客ないし取引先とのビジネス上、機密に属する情報も多数含まれており、これらについては、企業価値および株主共同利益の保護の観点から回答することが不適切と判断されますので、SPJに対してその旨を説明したうえで、可能な範囲での回答を行いました。
当社は、当社大規模買付ルール(注3)に基づき、必要情報の一つとして「買付後経営方針等」の提示をSPJに対し求めておりますが、これはあくまでも、平成19年2月15日に受領したSPJによる当社株式の買付提案(注1)に関し、その内容を評価・検討するために求めているものでありますので、当該提案の基礎となった考えを提供していただくよう、改めてSPJに対し要請した次第です。

 また、同じく平成19年9月11日に、SPJより、相互秘密保持契約を締結する準備がある旨の意向が示されておりますが、当社としては、当社大規模買付ルールに則って、現在、SPJに対し必要情報の提供を要請している段階でありますので、現時点では、秘密保持契約を締結して上記の機密情報を提供する考えはないことを、SPJに対し伝えております。

 なお、以上の対応につきましては、特別委員会より意見を伺った上で、当社取締役会で慎重に検討し、当社としての対応を決定したものであります。

(注1) 当社は、平成19年2月15日付の当社プレスリリース「当社株式の大規模買付行為にかかる意向表明書の受領に関するお知らせ」において公表いたしましたとおり、同日付でSPJより、当社株式の取得にかかる提案(以下「本買付提案」といいます。)を受けております。

(注2) 当社は、本買付提案に対しましては、当社大規模買付ルール(注3)に則り、平成19年3月1日付で本買付提案にかかる必要情報の提供を要請する書状(以下「必要情報リスト」といいます。)をSPJに交付し、平成19年5月15日にSPJより必要情報リストに対する回答書を受領しましたが、同回答書の内容が株主の皆様のご判断及び当社取締役会の意見形成に不十分であると判断し、平成19年5月29日付で当社よりSPJに対しまして、追加情報の提供を要請する書状(追加情報リスト)を交付しております。

(注3) 本買付提案に対しましては、平成19年3月29日に開催された当社第83回定時株主総会(以下「本総会」といいます。)で承認され、同日より発効いたしました「当社株券等の大規模買付行為への対応方針」の附則により、引き続き原方針(平成18年2月17日に導入し、本総会の終結の時をもって廃止した旧「当社株券等の大規模買付行為への対応方針」)を継続適用していくこととしており、原方針に定める「大規模買付ルール」に則って手続きを行なっております。



このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはサッポロホールディングスまでお願いいたします。

ニュースリリース検索

カテゴリ別ニュースリリース