サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > ニュースリリース > 2009年 > ヱビスビール発祥の地でビヤフェスティバル開催(2009年07月24日)

ヱビスビール発祥の地でビヤフェスティバル開催〜 「恵比寿麦酒祭」を恵比寿ガーデンプレイスで9月18日から 〜 

このニュースリリースに関するキーワード :

2009年07月24日

サッポログループは、来年2月25日に発売120周年を迎える「ヱビスビール」発祥の地、「恵比寿ガーデンプレイス」において2009年9月18日(金)〜23日(水・祝)に、ビヤフェスティバル「恵比寿麦酒祭(えびすビールまつり)」を開催します。
都内における複合商業都市の先駆けとなった「恵比寿ガーデンプレイス」は、今年10月に開業15周年を迎えます。広大なオープンスペースと緑豊かな環境に、オフィスタワー、商業・飲食施設、住宅、ホテルなどを配し、“水と緑の街”として地域の皆様をはじめ、多くの方々に愛され続けており、これからも皆様との交流を一層深めて行きたいと考えています。この場所は元々、1890年に発売された「恵比寿ビール」の工場でした。後にビールの名前にちなんで、運び出していた鉄道駅名や付近の地名が“恵比寿”になり、以降1988年まで約100年に渡りビール工場として皆様に親しまれていました。
また、今年はサッポロライオンの原点である日本初のビヤホール「恵比寿ビヤホール」の開設110周年でもあります。
サッポログループ各社のメモリアルイヤーに当たる本年、永きに渡って恵比寿の地ならびにヱビスビールを愛し、育んで下さった全ての皆様への厚い感謝の気持ちを込めて、また、日本のビール文化をより豊かなものにするために、各社がさらに力を合わせ、ビヤフェスティバル「恵比寿麦酒祭」の実施を企画しました。
期間内に恵比寿ガーデンプレイスへ来訪されるお客様は30万人程度と予想されます。そこでは、センター広場に大規模な飲食空間が出現。ヱビスブランドの樽生ビール各種を開放的な空間でお楽しみ頂きます。また、恵比寿麦酒記念館では工場竣工以来の歴史をたどる写真展やアテンド付き特別見学会を実施。さらに、ガーデンルームなどで恵比寿の街やヱビスビールに関わる様々な企画を予定しています。企画詳細については、今後、決定次第ご案内させて頂きます。
サッポログループでは、本イベントを通して、グループ経営理念「潤いを創造し豊かさに貢献する」を実践し、本年のヱビスビールのキャッチコピーどおり、ご来場の皆様に「時間をおいしく」過ごして頂けるよう願っています。

【開催場所】
恵比寿ガーデンプレイス(住所:東京都渋谷区恵比寿4丁目、東京都目黒区三田1丁目)
【開催期間】
  2009年9月18日(金)〜23日(水・祝)   
【主催】
  サッポログループ各社
  (サッポロホールディングス(株)、サッポロビール(株)、サッポロ飲料(株)、(株)サッポロライオン、
   恵比寿ガーデンプレイス(株)、(株)新星苑)
【イベント内容(予定)】
■センター広場    ヱビスブランドのビールを楽しむビヤスペース(有料)を展開
■恵比寿麦酒記念館  ヱビスビールや恵比寿の街の歴史を辿る写真展などを開催
この他、ガーデンルームなどで各種企画を開催  
  
* 上記内容には一部変更の生じる可能性があります

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはサッポロホールディングスまでお願いいたします。

ニュースリリース検索

カテゴリ別ニュースリリース