サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > ニュースリリース > 2011年 > 被災地の子ども達のための夜間学校「コラボ・スクール」運営を支援 (2011年9月13日)

被災地の子ども達のための夜間学校「コラボ・スクール」運営を支援 恵比寿麦酒祭などでの生ビール売上金額で 

このニュースリリースに関するキーワード :

2011年9月13日

 サッポログループは、9月16日(金)から恵比寿ガーデンプレイスで開催される「恵比寿麦酒祭」や、8月4日「ビヤホールの日」に全国のサッポロライオンチェーンで開催されたイベント等での樽生ビール15万杯分(予定)の売上から、教育支援基金である「ハタチ基金」を通じて、東日本大震災の被災地における子ども達のための夜間学校「コラボ・スクール」を支援します。
 「コラボ・スクール」とは、 被災地の小・中学生、高校生を対象とした“夜間学校”で、避難所や仮設住宅などで学習環境の悪化している子どもたちに、安心して学ぶ場を提供するために設立されました。第一例目として本年7月に宮城県女川町で開校した「女川向学館」には、212名の児童・生徒が通学。同様に学習環境の悪化が深刻な、他の被災エリアへの展開も準備中です。
 サッポログループでは、CSR基本方針の『わたしたちは、いつもお客様に喜んでいただける企業活動を通じて、社会に信頼されるグループであり続けます』に基づき、次世代を担う子ども達の成長につながることを願っています。

1.サッポログループの支援イベントについて

(1)恵比寿麦酒祭
  開催日:2011年9月16日(金)~19日(月・祝)
  場所: 恵比寿ガーデンプレイス(東京都渋谷区4丁目、目黒区三田1丁目)
  支援: メイン会場(センター広場、時計広場)での樽生ビールの売上金の全額を寄付す
       る。それ以外にも、被災地支援としてメイン会場で、東北を中心とした食材を使用
       したメニューを提供するなどの取り組みを行う。

(2)「8月4日ビヤホールの日」イベント
  ~全国のライオンチェーンから元気を送る!~
  開催日:8/4(木) ビヤホールの日
  場所: 全国のライオンチェーン店
  支援: 1杯につき100円を支援する。  

その他、各地のライオン関連店舗でも支援イベントを開催した。


2.支援先・支援事業について

 (1)支援先:ハタチ基金
   a)基金について 
      ~ 被災地の子どもたちの成長を、継続的にサポート ~
   ハタチ基金は、東日本大震災で被災した子どもの学び・自立を継続的にサポートするた
   め、2011年4月に設立された20年間の期限付き基金。「震災時に0歳だった赤ちゃん
   が、無事にハタチを迎えるその日まで」をコンセプトに、公益財団法人日本財団内に設
   置されている。これまで約600人の個人寄付および、約40の企業・団体からの寄付を
   受けている。(2011年8月末時点)

  b)活動団体について
   特定非営利活動法人のNPOカタリバ、NPO法人ブレーンヒューマニティー、NPO法人
   トイボックス、NPO法人フローレンスの4団体が、「ハタチ基金」を活用して被災地支援
   事業を行っている。

(2)支援事業:コラボ・スクール
    ~ 地域みんなで創り上げる、新しい学校のスタイル ~
 コラボ・スクールは、被災地の小・中学生・高校生に学習指導を行う“夜間学校”。東北地方の子どもたちが震災の経験を、「悲しみ」ではなく「強さ」に変える学習機会をつくり出すことで、日本にイノベーションを起こす人材を育てることを目指している。子どもたちに基礎学力を身に着けてもらうとともに、向上心と好奇心を日常的に育成している。
  「ハタチ基金」の支援を受け、首都圏を中心に学習支援を行ってきたNPOカタリバが主体となって運営している。震災により失業した塾講師などを雇用して、教育委員会や学校など行政とも連携。地域住民もボランティアで指導に参加するなど、様々な立場に立つ人が協力しながら、地域みんなで創り上げる新しい学校のスタイルを目指している。
 *コラボ・スクールのホームページについては下記関連情報をご覧下さい。

 ◇ 参考:「女川向学館」(宮城県女川町)
 コラボ・スクールの第1校目として、7月に開校したのが「女川向学館」。同校のある宮城県女川町では、地震のため主要な町の6割以上が倒壊し、学習塾の9割以上が休業。このように、「勉強したくても勉強できない」という子どもたちが多くいる他の被災地でも、経済の復興に時間がかかること、また無償サービスが民業圧迫にならないこと、そして行政や地域住民の協力が得られることを条件に、このコラボ・スクールを展開することが準備されている。

<女川向学館 概要>
1.日時:
週6日・1日3コマ (平成23年7月4日開始)

2.場所:
女川第一小学校 (宮城県女川町)

3.対象:
小学生~ 高校生

4.講師:
女川町在住の元塾講師など

5.指導科目:
英語・数学・国語など

6.費用:
無料(児童・生徒の負担はなし)

7.主催:
特定非営利活動法人NPOカタリバ

8.協力:
女川町教育委員会、女川学力向上委員会

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはサッポロホールディングスまでお願いいたします。

関連情報

ニュースリリース検索

カテゴリ別ニュースリリース