サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > ニュースリリース > 2012年 > サッポログループにおける組織再編のお知らせ(2012年12月21日)

サッポログループにおける組織再編のお知らせ~サッポロライオンによるPokka Food(Singapore)Pte.Ltd.の株式譲受~ 

このニュースリリースに関するキーワード :

2012年12月21日

 サッポロホールディングスグループの株式会社サッポロライオン(本社・東京、社長・刀根義明、以下サッポロライオン)は、2013年1月1日(火)に、サッポログループ内において海外のポッカブランドを中心に扱う飲料会社Pokka Corporation (Singapore) Pte.Ltd.(以下ポッカシンガポール)が株式を100%保有する子会社Pokka Food (Singapore) Pte.Ltd.(以下ポッカフードシンガポール)の全株式を取得、全事業を譲り受けることを決議し、20日(木)のサッポロホールディングス取締役会で承認されましたのでお知らせします。

1.株式取得及び事業譲り受けの背景・目的
 サッポロライオンは、サッポログループの外食事業を担う会社として、今後更なる成長を目指し、事業展開戦略の一つとして、海外への進出を検討してきました。2011年3月に海外に外食事業の子会社を有する株式会社ポッカコーポレーション(以下ポッカ)がサッポログループに加わったことから、サッポロライオンの海外進出に向けたノウハウの共有や経営資源の取得などについて両社で検討を重ねてきました。
 その結果、長年サッポロライオンが培ってきた外食事業の店舗管理・運営のノウハウとポッカフードシンガポールの持つ現地での強みを掛け合わせることで、今後の海外展開の基盤作りとサッポログループの収益力向上に寄与するものと判断し、ポッカフードシンガポールの株式及び事業の譲り受けに合意しました。

2.ポッカフードシンガポールの概要
商号:     Pokka Food (Singapore) Pte.Ltd.
代表者:   平田 正浩(兼ポッカコーポレーション海外事業本部本部長)
本社所在地:22 Chin Bee Road Singapore 619829
設立年月日:1991年8月
資本金:   S$4,000,000.00(4百万シンガポールドル)
出資比率:  Pokka Corporation (Singapore) Pte.Ltd.(100%)
事業内容:  シンガポールにおける飲食店運営、生ケーキ・菓子製造販売
   <飲食店運営>
   とん吉(とんかつ/4店)、ドマーニ(イタリアン/1店)、リヴゴーシュ(ケーキ売店/6店)
   <製造>
   ケーキ工房、セントラルキッチン
従業員数:  130名(パートアルバイトを含む)
売上高:    2011年13.4 百万シンガポールドル(860百万円)
         ※1シンガポールドル≒64円

3.譲渡契約内容
取引対象:Pokka Food (Singapore) Pte.Ltd.株式
譲渡者:Pokka Corporation (Singapore) Pte.Ltd.
譲受者:株式会社サッポロライオン
譲渡する株式数:4百万株(全株数)
譲渡日:2013年1月1日(火・祝)

4.譲渡後の運営体制
役員体制
 Managing Director 柴 直己(兼サッポロライオン取締役常務執行役員)
 Director 多田 重夫(兼サッポロライオン取締役専務執行役員)
 Director 鈴木 伸明(現ポッカフードシンガポールDirector)
 Director 袴田 英征(兼サッポロライオン経営戦略部マネージャー)
従業員:譲渡前の現地従業員を継続して雇用予定
事業内容:シンガポールにおける飲食店運営、生ケーキ・菓子製造販売

5.今後の見通し
 譲渡後は、既存店舗の経営状況や現地の風土・習慣について把握し、サッポロライオンの経営ノウハウを用い、運営を継続し成長させるとともに、ビヤホール業態の店舗展開のための土台作りと現地調査を実施します。
将来的には、ポッカフードシンガポールの運営を基盤として、サッポロライオンの基幹業態である「ビヤホール」を、シンガポールをはじめとした東南アジアにおいて、今後5年間で10店舗展開することを目標としています。
なお、該当会社は2013年4月に商号を「Sapporo Lion Singapore Private Limited」に変更する予定であります。

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはサッポロホールディングスまでお願いいたします。

ニュースリリース検索