サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > ニュースリリース > 2013年 > 「国連グローバル・コンパクト」に参加(2013年11月13日)

「国連グローバル・コンパクト」に参加~持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み~ 

このニュースリリースに関するキーワード :

2013年11月13日

国連グローバル・コンパクト ロゴ

 サッポロホールディングス(株)は、この度、国際連合が提唱する持続可能な成長を実現するための国連と企業の協力の枠組み「国連グローバル・コンパクト(以下UNGC)」に参加しました。
 UNGCは、「人権」・「労働」・「環境」・「腐敗防止」の4分野にわたる10の原則を掲げ、企業に責任ある行動を促すものです。当社はUNGCの理念に賛同し、UNGC10原則に支持を表明する書簡に代表取締役社長兼グループCEOの上條 努が署名、国連事務総長宛に提出し、10月31日(木)に登録されました。
 当社は、これまでも「CSR基本方針」(2006年制定)や「CSR重要課題」(2011年制定)などに基づき、CSR経営の推進に努めてきました。今般のUNGC参加を機に、今まで以上に国内外のステークホルダーの信頼に応え、持続可能な地球社会の実現に貢献できるよう、積極的に活動していきます。



【グローバル・コンパクト概要】
 2000年に、コフィ―・アナン前国連事務総長が創設し、潘基文現事務総長も支持を表明しているイニシアティブです。各企業が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組みづくりに参加する自主的な取り組みです。
 2013年10月末現在、世界130を超える国々の、約11,900の企業・団体が参加しています。

【グローバル・コンパクト10原則】
人権
原則1:人権擁護の支持と尊重
原則2:人権侵害への非加担

労働
原則3:組合結成と団体交渉権の実効化
原則4:強制労働との排除
原則5:児童労働の実効的な排除
原則6:雇用と職業の差別撤廃

環境
原則7:環境問題の予防的アプローチ
原則8:環境に対する責任のイニシアティブ
原則9:環境にやさしい技術の開発と普及

腐敗防止
原則10:強要・贈賄等の腐敗防止の取り組み


【登録日】
2013年10月31日(木)

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはサッポロホールディングスまでお願いいたします。

ニュースリリース検索

カテゴリ別ニュースリリース