サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > ニュースリリース > 2015年 > 株主優待制度を活用した女川町への支援活動(2015年6月22日)

株主優待制度を活用した女川町への支援活動~女川町の次世代を担う新生児誕生のお祝いと井戸の整備支援~ 

このニュースリリースに関するキーワード :

2015年6月22日

 サッポロホールディングス(株)は、本年度の株主優待制度を通じた株主様からの寄付金の一部1,835,000円に同額を加えた3,670,000円を、東北の復興支援活動に役立てます。この取り組みは2013年よりスタートし、今年で3回目となります。

 

 本年は、女川町の次世代を担う新生児誕生のお祝いとして同町へ1,800,000円、防災対策の一環として井戸の整備支援で同町および共同事業者「NPO法人女川ネイチャーガイド協会(注1)」へ1,870,000円を6月22日(月)に寄付しました。 

新生児誕生のお祝いとして、復興計画で伐採された女川の木材を有効活用し『輝望の椅子』を製作し町内の新生児80名に贈呈します。 

 防災対策の一環としての井戸の整備支援では、コミュニティの象徴となる交流の場へ「水」による潤いと安らぎを提供するため、「女川駅前広場」と「奥清水渓流の森」の2ヶ所の井戸の整備を行います。また災害時には生活用水となりうることから「奥清水渓流の森」は、女川町の子どもたちと一緒に井戸堀り作業を行うことで、「水」の大切さを学ぶ防災教育の一環としています。

 

 サッポログループでは今後も東北の復興に向け支援を継続していきます。

 

 

次世代を担う新生児誕生のお祝い支援

寄付金  1,800,000円

(内 訳)

株主優待制度を通じた株主様からの寄付金  900,000円

サッポロホールディングス(株)             900,000円

防災用井戸の整備事業

寄付金  1,870,000円

(内 訳)

株主優待制度を通じた株主様からの寄付金  935,000円

サッポロホールディングス(株)                  935,000円

贈呈式

日時: 6月22日(月)

場所: ステイイン鈴家   宮城県牡鹿郡女川町鷲神浜字内山62番地12 

(注1)

NPO法人女川ネイチャーガイド協会

100種類もの絶滅危惧種に指定されている山野草が生息する女川町の保全、管理、ガイド事業を行う団体。震災後は、絶滅危惧種を含めた森野を守り、不法な持出しを防ぐ活動を行っている。

代表:青砥 祐信(アオト スケノブ)

住所:宮城県牡鹿郡女川町浦宿浜字十二神60番地3  きぼうのかね商店街内

TEL:0225-53-3411 

出席者

女川町長                                       須田 善明(スダ ヨシアキ)

女川町副町長                                 阿部 一正(アベ カズマサ)

女川町副町長                                  東野 眞人(ヒガシノ マサト)

女川町産業振興課長                         阿部 敏彦(アベ トシヒコ)

NPO法人 女川ネイチャーガイド協会代表       青砥 祐信(アオト スケノブ)

サッポロホールディングス(株) 代表取締役社長 兼 グループCEO 

                                 上條 努 (カミジョウ ツトム)

サッポロビール(株)執行役員東北本部長        塩谷 泰文 (シオタニ ヤスフミ)

 

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはサッポロホールディングスまでお願いいたします。

ニュースリリース検索