サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > サッポログループの研究開発 > 論文・学会発表 > 機能性研究 主要な研究成果(学会発表)

機能性研究

  • 主要な研究成果(学会発表)
  • 主要な研究成果(投稿論文)
  • 主要な特許
2018年3月28日
  • Effects of Oral Calcium Dosage and Timing on Ethanol-induced Sensitization of Locomotion in DBA/2 Mice
    日本薬学会 / 清水千賀子
2018年3月16日
  • Lactobacillus brevis SBC8803株によるグレリン分泌促進作用および食欲増進作用
    日本農芸化学会 / 齋藤弘貴
2018年3月16日
  • マウス糞便からの酸素フリーラジカルの検出、定量ならびに腸内環境評価への活用
    日本農芸化学会 / 脇田義久
2017年10月19日
  • Identification of proprotein convertase subtilisin/kexin type 9 (PCSK9) inhibitors from natural products
    IUNS 21st International Congress of Nutrition (ICN) / Hiroshi Hirata
2017年9月15日
  • レモンのカルシウム吸収促進作用とそのメカニズム解析
    日本果汁技術発表会 / 平光正典
2017年8月29日
  • ビールの苦味成分がアルコール分解を促進させる
    日本食品化学工学会 / 高瀬貴仁
2017年5月21日
  • 最新 レモンの健康機能研究 ~ロコモティブシンドロームとレモン~
    日本栄養・食糧学会(ランチョンセミナー) / 平光正典
2017年3月26日
  • 長期間レモンポリフェノール(LPP)摂取による老化促進モデルSAMP1 マウスの老化度への影響
    日本薬学会 / 清水千賀子
2017年3月17日
  • クエン酸による小腸からのカルシウム吸収促進作用とそのメカニズム解析
    日本農芸化学会 / 生谷隆麿
2016年10月8日
  • ホップ由来キサントフモールの血清尿酸値低下作用に関する研究
    第38回日本臨床栄養学会総会 / 太田 愛美
2016年9月15日
  • 質量顕微鏡分析法を用いたマウス腸管組織上セロトニンの分布解析
    医用マススペクトル学会 / 斉木朝子
2016年7月9日
  • 低用量、長期間のアルコール摂取がSAMP8 の健康寿命に及ぼす影響
    第31回 老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会 / 清水 千賀子
2016年5月30日
  • "XANTHOHUMOL, A PRENYLATED FLAVONOID IN HOPS, PROMOTES MACROPHAGE REVERSE CHOLESTEROL TRANSPORT IN HAMSTER"
    84th European Atherosclerosis Society Congress / Hiroshi Hirata
2016年5月15日
  • カルシウムを含むレモン果汁飲料の継続摂取による骨密度・骨代謝に及ぼす影響
    第70回 日本栄養・食糧学会大会 / 平光正典/共同発表先 県立安芸津病院、県立広島大学
2016年5月
  • レモン果汁添加が食品中カルシウムの可溶化に与える影響
    日本家政学会第68回大会 / 岡田実紀/共同発表先 岐阜女子大学
2016年3月28日
  • Lactobacillus brevis によるアルコール性肝障害の抑制作用
    日本農芸化学会 2016年度大会 / 瀬川修一
  • 腸管保護成分ポリリン酸を高蓄積した乳酸菌菌体の生理活性評価
    日本農芸化学会 2016年度大会 / 斎木朝子
2016年3月27日
  • 低用量・長期間のアルコール摂取が マウスの老化度、寿命に及ぼす影響
    日本薬学会第136年会 / 清水千賀子
2015年10月16日
  • ホップ成分によるアルツハイマー病抑制および骨代謝改善作用に関する研究
    日本食品免疫学会 / 瀬川修一
2015年10月12日
  • アルコール代謝に影響を及ぼす食品成分の探索
    アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会 / 瀬川修一
2015年10月6日
  • 清酒に含まれるα-グルコシルグリセロールによるアセトアルデヒドデヒドロゲナーゼ阻害作用
    日本醸造学会大会 / 瀬川修一
2015年9月2日
  • 乳酸菌摂取による睡眠改善の可能性
    第2回時間栄養科学研究会 (共催:第10回ニュートリズム検討会) / 中北保一
2015年7月10日
  • 腸脳相関を介したSBL88乳酸菌の機能作用
    第188回酵母細胞研究会例会 / 金田弘挙
2015年3月28日
  • メタボロームデータを基にしたメタ16S解析に用いる系統分類階級の提案
    日本農芸化学会 2015年度大会 / 脇田義久
2015年3月28日
  • 糸状菌を利用したキサントフモール配糖化による溶解性の改善
    日本農芸化学会 2015年度大会 / 太田 愛美
2014年10月16日-17日
  • 腸管保護作用を有するポリリン酸高蓄積乳酸菌の開発
    日本食品免疫学会 / 斎木 朝子
2014年10月4日
  • 行動薬理学的視点から見たアルコール習慣化に与える要因について
    平成26年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会 / 清水 千賀子
2014年8月
  • 電解質飲料の事前摂取が暑熱暴露時の心臓負荷へ与える影響
    日本食品科学工学会大会 / 井上孝司/共同発表先 三重大学
2014年7月13日 - 15日
  • Identification and quantification of prenylflavonoid glucoside as a natural product from Humulus lupulus L. (Hop)
    American Society of Plant Biologists / H. Hirata
2014年3月
  • コーヒーのSTZ誘発性糖尿病発症抑制効果と膵β細胞へ与える影響の解析
    日本農芸化学会大会 / 平光正典/共同発表先 名古屋大学
2013年11月29日
  • 腸管保護作用を有するポリリン酸高生産乳酸菌の開発
    2013年度 日本乳酸菌学会 秋期セミナー / 瀬川修一
2013年8月
  • レモン果汁の添加によるホイップクリーム作製時間と物性におよぼす影響
    日本調理科学会平成25年度大会 / 小平 将太
2013年5月19日
  • Breeding of polyphosphate-accumulating lactic acid bacteria for superior probiotics
    American Society for Microbiology / A. Saiki
2013年5月
  • STZ誘発性糖尿病モデルにおけるコーヒーの発症抑制効果
    第67回 日本栄養・食糧学会大会 / 平光正典/共同発表先 名古屋大学
2013年5月
  • 熱暴露に対する事前の電解質飲料摂取の有効性の分子病態学的検討
    日本法医学会 / 井上孝司/共同発表先 三重大学
2012年11月30日
  • 「大麦の機能性」
    静岡化学工学懇話会 / 清水 千賀子
2012年9月8日
  • 新規プロバイオティクスによるアルコール摂取者の肝障害予防
    アルコール・薬物依存関連学会シンポジウム発表 / 脇田 義久
2012年6月28日
  • Heat-killed body of Lactobacillus brevis SBC8803 improves the symptoms of diarrhea: A pilot study designed by double-blind, placebo-controlled study
    IFT2012 / Y. Wakita
2012年5月20日
  • 下痢に対するLactobacillus brevis SBC8803株の影響
    日本栄養食糧学会 / 脇田 義久
2012年5月
  • レモン添加が天ぷらの衣の物性に与える影響
    日本家政学会第64回大会 / 岡田実紀※/共同発表先 岐阜女子大学
2012年3月24日
  • 日常飲酒者の血清GGTに対するLactobacillus brevis SBC8803株の影響
    日本農芸化学会 2012年度大会 / 脇田 義久
2011年10月21日
  • Effect of Lactobacillus brevis SBC8803 on the prevention of alcoholic liver damage: A double-blind placebo-controlled study(ALPD)
    6th International Symposium on Alcoholic Liver and Pancreatic Diseases and Cirrhosis (ALPD) / Y. Wakita
  • ホップ苦味成分の骨代謝改善作用に関する研究
    2011年日本清涼飲料水研究会大会 / 渕本 潤
2011年10月18日
  • 乳酸菌により産生されるポリリン酸による腸管保護作用
    日本食品免疫学会年次大会 / 瀬川 修一
2011年9月16日
  • 広島県におけるレモン摂取と生活習慣病に関する栄養疫学的研究
    第54回 果汁技術研究発表会 / 平光正典※/共同発表先 県立広島大学
2011年9月15日
  • Health Benefits of High Beta-Glucan Barley
    InnovAsia 2011, "Food in the Future" (Bangkok) / C. Shimizu
2011年9月10日
  • Efficacy of Lactobacillus brevis SBC8803 for the protection of alcoholic liver damage: A double-blind placebo-controlled study
    International Union of Microbiological Societies Congresses 2011 (IUMS) / Y. Wakita
2011年7月4日
  • Lactobacillus brevis culture supernatant induces cytoprotective small heat shock protein HSP27 and increase intestinal barrier function by activating the p38 MAPK pathway.
    International Congress of Mucosal Immunology 2011 / S. Segawa
2011年6月3日
  • ホップ苦味成分フムロンのRSウイルス感染抑制効果および炎症抑制効果
    第32回日本炎症・再生医学会(京都) / 渕本 潤
2011年5月
  • 牛肉ハンバーグの加熱調理・保存におけるレモンの脂質酸化抑制効果
    日本家政学会第63回大会 / 岡田実紀※/共同発表先 岐阜女子大学
2011年4月27日
  • Xanthohumol, Prenylated Chalcon, Affects Serum Lipoprotein Metabolism and Arterial Cholesterol Content by SR-B1 Promotion.
    2011年度アメリカ動脈硬化学会 / 平田 拓
2011年3月
  • KK‐Ayマウスにおけるコーヒーのインスリン感受性改善作用の機構解析
    2011年 日本農芸化学会大会 / 平光正典※/共同発表先 名古屋大学
2010年12月14日
  • Inhibitory effects of hop water extract on TLR3 ligand-induced thymic stromal lymphopoietin release from human nasal epithelial cells.
    第50回 アメリカ分子生物学会(2010 ASCB Annual Meeting) / J. Fuchimoto
2010年9月
  • レモン及びクエン酸の抗高血圧効果
    57回 日本食品科学工学会大会 / 高寺恒慈※
2010年8月27日
  • ヒト鼻粘膜上皮細胞を用いたホップ水抽出物のTSLP産生抑制効果
    第49回 日本鼻科学会 / 渕本 潤
2010年8月19日
  • 日常的な柑橘類摂取によるメタボリックシンドローム関連指標への影響
    日本健康科学学会 第26回学術大会 / 平光正典※/共同発表先 県立広島大学
2010年8月
  • レモン果汁がミネラルウォーター中のCa及びMgの吸収に及ぼす影響
    平成22年度 日本調理科学会大会 / 高寺恒慈※
2010年8月
  • レモン果汁添加が炊飯米の品質に及ぼす影響
    日本調理科学会平成22年度大会 / 丸山弘明※
2010年7月19日
  • Comparison of analytical methods for the assessment of fecal microbiota on examination of the effect of probiotic bacteria on defecation
    2010 Institute of Food Technologists Annual Meeting & Food Expo / Y. Wakita
2010年7月1日
  • ホップ水抽出物のアレルギー抑制効果
    JBAバイオセミナーシリーズ “未来へのバイオ技術”勉強会 ホップをきわめる / 瀬川修一
2010年6月17日
  • Xanthohumol, Main Prenylflavonoid in Hops, Inhibits Cholesteryl Ester transfer Protein Activity and Improves Dyslipidemia
    2010 American Society of Brewing Chemists Annual Meeting / H. Hirata
  • Tetra-hydro-iso-alpha-acid (THIAA), reduced compound derived from hop bitter acid, contributes to the prevention of osteoporosis
    2010 American Society of Brewing Chemists Annual Meeting / M. Ozaki
2010年5月2日-5日
  • Lactobacillus brevis SBC8803 culture supernatant induces cytoprotective small heat shock protein HSP27 in human intestinal epithelial Caco2/bbe cells by activating the p38 MAPK pathway and alleviates DSS-induced acute colitis in C57Bl/6 mice.
    Digestive Disease Week 2010 / S. Segawa
2010年5月
  • クエン酸の骨密度減少抑制作用
    第64回 日本栄養・食糧学会大会 / 高寺恒慈※
2010年5月
  • コーヒーおよびカフェインの高脂肪食誘発性糖尿病に対する抑制効果と作用機構
    第64回 日本栄養・食糧学会大会 / 平光正典※/共同発表先 名古屋大学
2009年8月29日
  • 日常的なレモン摂取による メタボリックシンドローム予防・改善への影響
    日本健康科学学会 第25回学術大会 / 平光正典※/共同発表先 県立広島大学
2009年3月
  • 沖縄野生植物オオバギ(Macaranga tanarius)抽出物の抗菌活性
    農芸化学会 / 福本修一※/共同発表先 静岡県立大学
2008年9月
  • レモン果汁が貧血ラットの鉄欠乏改善に及ぼす効果
    55回 日本食品科学工学会大会 / 高寺恒慈※
2008年5月
  • s‐リモネンおよびs‐ペリリルアルコールはスコポラミン誘導認知症を軽減する
    栄養・食糧学会 / 福本修一※/共同発表先 静岡県立大学
2008年5月
  • ラットにおける短期健忘に対するみどりの香り投与による効果
    栄養・食糧学会 / 福本修一※/共同発表先 静岡県立大 大学院、静岡県立大学
2008年5月
  • コーヒーならびにカフェインの2型糖尿病発症抑制効果
    日本栄養・食糧学会大会 / 平光正典※/共同発表先 名古屋大学
2008年3月
  • 沖縄産プロポリスの起源植物に関する研究
    農芸化学会 / 福本修一※/共同発表先 静岡県立大学
2007年12月
  • みどりの香りをはじめとする香気成分による神経伝達物質放出への影響
    分子生物学会 / 福本修一※/共同発表先 静岡県立大学
2007年5月18日
  • クエン酸の持久力向上作用
    第61回 日本栄養・食糧学会大会 /平光正典※/共同発表先 東京海洋大学
2007年5月
  • 香気成分の構造種差とドーパミン放出促進作用の関係
    栄養・食糧学会 / 福本修一※/共同発表先 静岡県立大学
2007年3月26日
  • レモンポリフェノールによる神経細胞分化誘導作用
    2007年 日本農芸化学会大会 / 岡田実紀※/共同発表先 名古屋大学
2007年3月
  • 柑橘オイル成分が脳内神経伝達物質代謝に与える影響
    農芸化学会 / 福本修一※/共同発表先 静岡県立大学
※2012年12月31日以前:ポッカコーポレーションとして