サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > サッポログループの研究開発 > 論文・学会発表 > 品質保証・分析技術 主要な研究成果(学会発表)

品質保証・分析技術

  • 主要な研究成果(学会発表)
  • 主要な研究成果(投稿論文)
2016年10月29日
  • "チオール特異的抽出と1次元2次元3次元切替GC-Q-TOF-MSによるホップ (Humulus luplus L.) 品種Mosaic中のチオール解析"
    第60回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 / 高澄 耕次
2016年8月26日
  • 水銀を使用しないチオール分析法の開発
    日本食品科学工学会 第63回大会 / 高澄 耕次
2016年8月16日
  • The varietal aroma of ‘Sorachi Ace’: Identification and characterization of unique flavor compounds
    World Brewing Congress 2016 / Ayako Sanekata
2016年8月15日
  • Isolation and identification of antibacterial compounds against gram-negative anaerobic bacteria from beer.
    World Brewing Congress 2016 / Hajime Nakata
2016年8月13日
  • Development of a new quantitation method for polyfunctional thiols and its application for investigation of the characteristic aroma of “flavor hops.”
    World Brewing Congress 2016 / Koji Takazumi
2015年6月15日
  • Determination of Wheat Protein in Beer by FASPEK Wheat/Gluten(Gliadin) ELISA Kit Ⅱ: 2014 BCOJ Collaborative Work
    2015 American Society of Brewing Chemists Annual Meeting / T. Watanabe
2013年5月20日
  • Detection and identification of beer spoilage bacteria using T-RFLP
    2013 American Society of Brewing Chemists Annual Meeting / H. Kanda
2013年3月26日
  • 飲料中の微量アルコールの簡易測定法の開発
    日本農芸化学会 2013年度大会 / 高柳 純司
2012年3月24日
  • 「グアイアコールを産生するAlicyclobacillus 属細菌の迅速検査」
    日本農芸化学会 2012年度大会 / 石原 武雄
2011年9月29日
  • 固相抽出自動化装置(ITSP)を用いた残留農薬一斉分析法の検討
    第102回日本食品衛生学会 / 山浦 信明
2011年6月10日
  • A new method for analyzing characteristic flavor of beer using Selectable 1D/2D GC-MS-Olfactometry
    2011 American Society of Brewing Chemists Annual Meeting / K. Tokita
2010年9月
  • 新規凝集力評価法による乳飲料長期安定性の迅速評価
    日本食品科学工学会大会 / 井上孝司※/共同発表先 京都大学
2008年8月
  • 加振法による分散系粒子の凝集力の評価
    日本食品工学会年次大会 / 井上孝司※/共同発表先 京都大学
※2012年12月31日以前:ポッカコーポレーションとして