サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

表彰・受賞歴

サッポログループでは、お客さまに満足いただける商品をお届けするため、日々研鑽を重ねています。様々な取り組みが評価され、数々の賞を受けています。

表彰実績

サッポロビール株式会社 2018年 農芸化学技術賞 受賞

長年にわたるホップ品質の多角的な解析とその応用の取り組みが高く評価されたもので、「ホップの栽培安定化へのグローバルな貢献」「優良ホップ品種の継続的な育種開発」「ホップ特有の成分に関する多角的解析」に関する当社の実績が認められ、日本農芸化学会より、2018年度農芸化学技術賞を受賞しました。

サッポロビール株式会社 2017年 European Brewery Convention Best Poster賞 受賞

当社で1983年に育成したホップ品種「ソラチエース」の特長的な香りに関する研究実績が認められ、ヨーロッパの醸造学会にて、三期連続となる最高賞受賞を受賞しました。

ポッカサッポロ フード&ビバレッジ株式会社 2015年日本農芸化学技術賞を受賞

交流高電界殺菌法は、食品中を電気が流れることで食品自体が発熱することに加えて電気的な殺菌作用が生じ、これらの相乗効果により、食品中の微生物を迅速かつ効率的に殺菌できる技術です。

2017年

  • 「ホップの抗アレルギー作用や Lactobacillus brevis SBC8803株の抗炎症作用を基礎研究で実証し、臨床試験に着手して実用化への道を切り拓いた」として、食品免疫産業賞を受賞(日本免疫学会)
  • 「泡品質のプロテオーム解析と大麦育種」が日本醸造協会技術賞を受賞(日本醸造協会)
  • 「日本生まれのフレーバーホップ 「ソラチエース」の特徴香について」が2017年度日本農芸化学会トピックス賞を受賞(日本農芸化学会)

2016年

  • 「ホップ香気成分の相互作用に関する研究」が日本醸造協会技術賞を受賞(日本醸造協会)

2015年

  • 「泡品質向上への取組み」が、農芸化学技術賞を受賞(日本農芸化学会)
  • 「リポキシゲナーゼ欠失変異を利用した高品質ビールオオムギ品種の育成」が日本育種学会賞を受賞(日本育種学会)
  • スープ製造技術に関する研究「アクアガスをバインダとした粉末食品造粒技術の開発」が日本食品工学会産学官連携賞を受賞(日本食品工学会)

2014年

  • ビール大麦の研究「プロテオーム解析に基づくビールオオムギ品質選抜法の開発」が育種学会奨励賞を受賞(日本育種学会)

2013年

  • スープ製造技術に関する研究「トウモロコシ澱粉の流動層造粒工程の解析-バインダ供給速度および噴霧圧が流動層含水率および顆粒の成長におよぼす影響-」が日本食品工学会論文賞を受賞(日本食品工学会)

2010年

  • ビールののど越しに関する研究“Relationship Among Throat Sensation, Beer Flavor, and Swallowing Motion While Drinking Beer”が、エリック・ニーン記念賞を受賞(アメリカ醸造学会)