CSR
閉じる

個性かがやく人財の輩出

従業員=「人財」の個々の能力を
最大限発揮できる環境の整備を
強化するとともに、
健康・安全に向けた取り組みを
推進します。

グループ人財マネジメントビジョン

サッポログループの最大の財産は、人財である。
人財一人ひとりがブランドそのものであり、人財の個性と実行力こそが、ブランドをかがやかせる。
グループの人財が、心身ともに健康で、元気で明るく前向きなエネルギーをもって新たな領域に挑戦・越境し、サッポログループで働いていてよかったと思える企業をめざす。

健康経営

サッポログループ各社は、安心して働ける職場環境づくりには、従業員の安全・健康に対する配慮の徹底が不可欠だと考え、労働災害の防止や、心身の健康維持・増進に向けたさまざまな施策を実施しています。

ダイバーシティ・人権

基本理念として自分の壁、組織の垣根、事業や国の境界を越えていく「越境せよ」を掲げています。仲間と磨き合い、それぞれの違いを認め、強さにすることで、初めて越境でき、それが経営理念の実現につながると考え、あらゆる多様性(性別・年齢・障がい・国籍・学職歴・雇用形態・価値観など)を尊重し、多様な発想・考え方を有する人財を認め活かし、一人ひとりの能力が最大限発揮できる環境の整備を強化していきます。

人財開発・育成

サッポログループはすべての従業員を会社の宝である「人財」と位置づけ、それぞれが個々の強みを最大限に活かし、主体的なキャリア形成ができるよう、グループ各社の事業特性を踏まえた支援を行っています。グループ各社ではそれぞれの経営戦略に基づきながら、従業員一人ひとりのモチベーション向上を目指し、人事制度の充実を図っています。

ページトップへ戻る