サッポロホールディングス株式会社
★SAPPORO
  • English
  • お問い合せ
  • サイトマップ

ホーム > ニュースリリース > 2007年 > 飲料事業における戦略的業務提携に関するお知らせ(2007年10月30日)

飲料事業における戦略的業務提携に関するお知らせ 

このニュースリリースに関するキーワード :

2007年10月30日

当社は、本日開催の取締役会において、下記のとおり、当社の連結子会社であるサッポロ飲料株式会社(以下「サッポロ飲料社」という)とクレセント・パートナーズグループのファンドの運営会社であるクレセント・アジア有限会社(以下「クレセント社」という)との間で、企業価値向上へ向けた戦略的な業務提携を行うことについて、クレセント社と基本合意し、今後さらに協議を進めていくことを決議しましたのでお知らせします。

1. 業務提携の目的
サッポログループの飲料事業は、発売後90年以上の歴史を持つ「リボンブランド」を始めとする清涼飲料水の製造・販売業を展開しています。清涼飲料水の市場規模はここ数年、ほぼ横ばいで推移しており、消費者嗜好の多様化に対応するために新商品が毎年大量に投入されるなど、市場環境は益々厳しくなっています。
今後、清涼飲料水業界でサッポロ飲料社が勝ち残るためには、成長性資金や事業規模を背景に、独自性ある商品開発力、顧客への提案力、自動販売機の展開力が必要と判断しています。
こうした環境下において、本日発表した「サッポログループ新経営構想」にある、「高付加価値創造」を基軸に優位性構築への経営資源の集中、事業拡大を目指した戦略的提携の推進など、グループの企業価値向上を目指す基本戦略に則り、当社は、事業の再構築、競争力の強化を目指し、戦略パートナーとしてクレセント社を選定し、業務提携を行うこととしました。
 今回の提携先であるクレセント社は、幅広い事業への投資経験や事業再構築の知見及びネットワークを保有していることから、サッポロ飲料社の事業再構築及び競争力強化の取り組みを推進する共同事業者として最善のパートナーと判断しました。
 今後、クレセント社を戦略パートナーとすることで、サッポロ飲料社の企業価値向上、更には、サッポログループ内での収益面での貢献、グループのブランド価値向上へ向けた経営改革の断行と成長戦略の推進が確かなものになると確信しています。
 なお、今後の事業計画等、実施にかかる詳細につきましては、今後、当社及びサッポロ飲料社、クレセント社との間において具体的な協議を進めてまいります。

2.業務提携の概要
 サッポロ飲料社がこれまで保有してきたブランドおよび事業基盤を活かし、クレセント社の経験・ノウハウ、ネットワークなどを最大限活用しつつ、サッポロ飲料社を当社の子会社として維持しながら事業再構築を進め、収益性の改善、ブランド力の強化、市場優位性の構築などを実現し、企業価値の向上を目指します。
 まずは、早期の事業再構築を目指し、以下の2点の施策を実行します。 
1)クレセント社の運営するファンドを引受先とする新株予約権付社債(以下、「CB」)をサッ
ポロ飲料社が発行することにより事業再構築、及びその後の発展・成長戦略を実現するために
必要な資金を調達します。
なお、CBの発行総額は約38億円とすること、クレセント社の運営するファンドが引き受ける
CBにかかる潜在株式を考慮しても、当社が議決権の過半数を維持することを予定しています
が、CBの具体的内容につきましては、今後、クレセント社と具体的な協議を行った上で、明
年1月に決定する予定です。
また、当社は、今後サッポロ飲料社の資本の増強についても併せて行う予定です。
2)クレセント社の運営するファンドより、サッポロ飲料社に役員の派遣及びネットワークを活用
したサポート及び事業参画を受けます。

3.サッポロ飲料社の概要
(1) 商号 サッポロ飲料株式会社
(2) 代表者 代表取締役社長 赤坂敏明
(3) 本店所在地 東京都渋谷区恵比寿四丁目20番1号
(4) 設立年月日 平成5年1月7日
(5) 主な事業内容 清涼飲料水の製造および販売
(6) 決算期 12月31日
(7) 従業員数 394人(平成19年10月20日現在)
(8) 資本の額 5,093百万円
(9) 発行済株式総数 5万8,001株
(10) 最近事業年度における業績の動向                 * 印刷用PDFをご参照下さい

4.クレセント社の概要
(1) 商号 クレセント・アジア有限会社
(2) 代表者 取締役 根本 修一郎
(3) 本店所在地 東京都千代田区麹町五丁目1番 NK真和ビル5階
(4) 設立年月日 平成16年11月8日
(5) 主な事業内容 投資事業等
尚、クレセント・パートナーズは、クレセント・アジア有限会社が業務執行組合員を務める投
資事業有限責任組合に対してアドバイスを行う法人です。

5.今後の日程
平成20年1月(予定) 当社取締役会にてCB発行を含む戦略的業務提携に関する正式契約締結を決議
平成20年1月(予定) サッポロ飲料社取締役会にてCB発行を決議
           クレセント社が運営する投資事業有限責任組合にてCB引受を決議
平成20年1月(予定) 払込期日

6.業績への影響の見通し
当期の当社連結業績に与える影響は軽微であります。


以 上


このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはサッポロホールディングスまでお願いいたします。

ニュースリリース検索

カテゴリ別ニュースリリース