新着情報

宮城県名取市の水産業復興支援

  • サステナビリティ
  • ニュースリリース

サッポロビール(株)は、宮城県漁協仙南支所(閖上)に対し、東日本大震災で甚大な被害を受けた水産業復興のため、スカイタンク2台・パレット50枚の購入費用を寄付しました。

サッポロホールディングス(株)とサッポロビール(株)は、2013年4月10日にサッポロビール仙台工場のある名取市と幅広く様々な分野において相互に協力しながらまちづくりに取り組み、市の一層の活性化を図ることを目的として包括連携協定を締結しました。

水産業の支援は2016年、2018年、2020年に続き4回目となります。本年は、サッポロビール仙台工場が50周年を迎えます。この支援を通じ、名取市及び名取市民の皆さんへの感謝をお伝えするとともに、本支援が名取市の主要産業である水産業復興の一助となることを願っています。

サッポログループは、今後も「物産品の消費促進」「情報発信」「次世代育成」の3点を重点テーマに掲げ、東北復興支援に取り組んでいきます。

1. 寄付金額  
547,140円

2.寄付先   
宮城県漁業協同組合仙南支所(閖上)

3.贈呈式    
日時: 2021 年7月20日
宮城県漁業協同組合閖上魚市場

画像ダウンロード

印刷用PDF

このページの情報に関するマスコミの方からのお問い合わせはサッポロホールディングスまでお願いいたします。

ページトップへ戻る