経営戦略

トップメッセージ

サッポログループは、独自の存在価値を発揮し
日本のみならず世界で「潤い」を創造し
「豊かさ」に貢献していきます。

サッポロホールディングス
株式会社
代表取締役社長


尾賀真城

平素は、サッポログループへ格別のご支援お引き立てを賜り誠にありがとうございます。
厚く御礼申し上げます。

私たちは、ビール事業はもとより総合酒類、食品・飲料、外食、不動産へとすそ野を広げ、お客様の生活の様々な場面に関わってきました。皆様に喜んでいただける商品・サービスを開発するとともに、喜びや感動をお届けする新しいシーンをご提供し続けることで、お客様と積み重ねてきた「対話」をもとにイノベーションや品質の向上を追求してきました。
これが、お客様とともに築き上げてきた大事な「ブランド」資産だと考えています。
そしてこれからも変化に対応し続け、新たな挑戦をすることで「ブランド」をもっとさらに磨き、「個性かがやくブランドカンパニー」となることを目指していきます。
さらに、グループ経営基盤の変革に取り組むとともに、グローバル戦略を確実に遂行することで確かな成長を目指していきます。

また、私どもは誠実なグループとして持続可能な社会づくりに貢献していく上で、CSRの重点課題として「4つの約束」を定めました。

1.「『酒・食・飲』による潤いの提供」
(安全・安心の品質/新価値創造/アルコール関連問題)
2.「社会との共栄」
(地域貢献/持続可能な調達)
3.「環境保全」
(地球温暖化防止/3Rの推進/自然との共生)
4.「個性かがやく人財の輩出」
(健康経営/ダイバーシティ・人権/人財開発・育成)

国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を踏まえた中長期目標を設定し、
信頼される企業としての取り組みを強化していくとともに、グループ独自の企業価値の創出に取り組んでいきます。
変わらぬご支援をお願いするとともに、サッポログループのさらなる飛躍にご期待下さい。

ページトップへ戻る