経営戦略

長期経営ビジョン・中期経営計画

サッポログル—プは、グループ創業150周年となる2026年までに当社が進むべき方向性として、「サッポログループ長期経営ビジョン『SPEED150』」とそのロードマップとなる中期経営計画を策定しています。グループの成長の源泉は、140年を超える歴史の中で培われた「ブランド資産」にあると改めて認識し、経営理念および経営の基本方針は踏襲しながら、スピードを持って経営改革と事業成長に取り組みます。

2026グループビジョン
サッポログループは世界に広がる『酒』『食』『飲』で個性かがやくブランドカンパニーを目指します
行動指針
  1. 1. イノベーションと品質の追求による新たな価値の創造で、世界のお客様のより豊かな生活に貢献します
  2. 2. お客様同士のコミュニケーション活性化に役立つ商品・サービスの提供とブランド育成に努めます
  3. 3. 環境変化に対応し、効率的な経営の実践に努めます

『SPEED150』 ロードマップ

ロードマップ

長期経営ビジョン

長期経営ビジョン『SPEED150』

グループのコア事業を『酒』『食』『飲』の3分野と位置づけ、不動産事業とともにグループ保有のブランドを育成・強化していきます。

成長戦略テーマ

  1. 1. 国内酒類・飲料事業の収益力強靭化
  2. 2. 『 食』分野の拡大加速
  3. 3. グローバル展開の推進

経営基盤

R&D

未来へつながる新しい「食の価値創造」を推進more

人事・人財

新しい価値と感動を提供できる越境人財の育成more

財務

キャッシュ創出力を高めて成長分野へ積極投資more

コーポレートコミュニケーションの強化

経営理念に基づくあらゆる企業活動について、その情報発信力を強化することで、ステークホルダーに対するグループの存在感を高めます。

第一次中期経営計画(2017-2020)

基本方針

事業活動戦略

各事業の競争領域を見定め、「継続成長」「成果創出」を実現して、キャッシュ創出力を高めます。

  • ・既存事業の継続的成長
  • ・投資事業の成果創出
  • ・成長機会の獲得

グループ経営基盤戦略

「経営資源の戦略的シフト」「セグメント経営の事業構造変革と推進」による基盤強化を主導、実行します。

  • ・成長実態に適したグループ体制と本社機能の最適化の実行
  • ・経営基盤機能の強化
-R&D
『食』分野の成長に向けたリソース(人財、研究開発費)の増強
-人事・人財
成長領域への人財シフトと健康増進への取り組み
-財務
資産効率の向上とモニタリング強化による財務基盤強化

経営目標

定量目標

定量目標

財務目標

2017年~2020年の4年間で実現させる財務指標

営業活動によるキャッシュ・フロー 1,800億円
「基盤機能強化」および「既存事業の継続的成長」と「投資事業の成果創出」でキャッシュ・フローを創出します。
投資活動によるキャッシュ・フロー 1,300億円
『酒』『食』『飲』分野へ積極的にキャッシュ配分する。
有利子負債 D/Eレシオ1倍程度を目安とする。
株主還元 配当性向30%を目安とする。

本資料で記載している計画は、現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した予測を基に作成したものであり、潜在的なリスク・不確実性が含まれています。そのため、さまざまな要因の変化により、実際の業績は記載されている計画とは大きく異なる結果となる可能性があることをご承知おきください。

進捗状況は決算説明資料に記載しております。

IRライブラリー
ページトップへ戻る