CSR
閉じる

環境保全

自然の恵みを未来に受け継ぐため、
事業の各段階において
環境保全に取り組み、
従業員一人ひとりが主体的に
環境活動を推進します。

環境経営

環境保全のための環境基本理念や環境基本方針を定め、環境保全に配慮した事業活動を進めています。

地球温暖化防止

サッポログループは、「地球温暖化対策推進法」「省エネ法」など、法的要求事項に適切に対応するとともに、事業のサプライチェーンを意識し、関係者一人ひとりが主体的にかかわる各種環境活動を推進しています。製造拠点や店舗への積極的な省エネ設備の導入、物流における効率向上や再生可能エネルギーに関する開発などさまざまな分野で地球温暖化防止の取り組みを行っています。

3Rの推進

限りある資源を有効に使い環境負荷を低減するため、原材料調達から廃棄・リサイクルまでの各段階で3Rを進めています。原材料調達における容器・包装などの3R、製造にともなう副産物・廃棄物の3Rなどに努めるとともに、商品提供ではビールサーバーの長寿命化による廃棄台数の抑制などを実施しています。また、水の使用量や発生する排水の管理などといった水資源の保全や、外食事業での生ごみの削減、廃棄物を利用した発電などさまざまな取り組みを推進しています。

自然との共生

事業活動に必要な原材料の調達を自然の恵みから受けていることに感謝し、サッポログループは、事業特性を活かした生物多様性保全の活動に取り組んでいます。また、地域の皆様と一緒に生物多様性保全の大切さを学ぶ次世代教育を行っています。

環境保全活動の歴史

サッポログループが取り組んできた環境保全活動について、その変遷をまとめました。

環境表彰年表

緑化・清掃などの環境活動から、リサイクルや省エネルギーの取り組みまで、これまでの表彰をまとめました。

ページトップへ戻る