MENU

お酒のキホン!

飲むならこれは知っておこう!

飲むならこれは知っておこう!
お酒のキホン!

そもそも酔うってどういうこと?

アルコールで脳が麻痺すること

アルコールで脳が麻痺すること

酔うとは、アルコールで脳が麻痺することです。酔いの仕組みや状態を理解することで、楽しくお酒を飲めるようになりましょう。

「酔い」の仕組み

お酒のキホン!

お酒が抜けるまでにはどのくらいかかる?

缶ビール1本で約2~3時間

個人差がありますが、お酒に強い中年男性が350ml缶を1本飲んだ場合、アルコールが体内から完全に抜けるまでに約2~3時間かかります。

酔いからさめるのにかかる時間

お酒のキホン!

二日酔いになってしまったら?

二日酔いになってしまったら?

水分、ビタミンC…とにかく安静に!

もしも二日酔いになってしまったら、安静にして待つというのが基本ですが、「水分を多く取る」「糖分やビタミンCを取る」といったことで症状が緩和されることもあります。

二日酔いにならないためにも適量を守ること

お酒のキホン!

なんで陽気になっちゃうんだろう?

なんで陽気になっちゃうんだろう?

アルコールは緊張をほぐしてくれる

人は、お酒によって抑制が取れることで緊張がほぐれ、普段より陽気で快活になったり、会話が弾むようになったりするのです。

コミュニケーションが円滑に

お酒のキホン!

アルコールの刺激で胃を荒らさないためには?

アルコールの刺激で胃を荒らさないためには?

飲む前にチーズ・牛乳

脂肪分の含まれるチーズや牛乳などには、胃腸の粘膜を保護する効果があります。

飲むときは食べながら

お酒のキホン!

適量の目安ってどのくらい?

適量の目安ってどのくらい?」

ビール中びん1本!日本酒1合!

「適量には個人差があり、一概にいうことはできませんが、厚生労働省が推進する国民健康づくり運動「健康日本21」によると、「節度ある適度な飲酒」は1日平均純アルコールにして約20g程度であるとされています。

運転者以外の人が心がけること

お酒のキホン!

酔いの状態は6段階に分けられる

楽しく飲めるのは「ほろ酔い期」まで!

酔いの状態を6段階に分けたとき、ほど良いのは第2段階の「ほろ酔い期」までです。それ以上の飲酒は、酔いが進むにつれ、脳の麻痺が進み、危険な状態になっていきます。

酔いからさめるのにかかる時間

お酒のキホン!

飲みすぎてはいませんか?

飲みすぎてはいませんか?

大量の飲酒を続けるのは「生活習慣病」のもと!

大量の飲酒を続ける習慣は、さまざまな生活習慣病への第一歩です。お酒の飲み過ぎには注意しましょう。

かかりやすい生活習慣病

ページトップへ戻る