サステナビリティ
閉じる

容器包装・資材の3R

サッポログループ容器包装ビジョン

2050年長期ビジョン

  • 循環型社会に対応した容器包装の100%使用を目指します

中期ビジョン

  • 容器包装のリデュース(軽量化・簡素化)を維持・拡大します
  • 再生可能材料の利用を拡大し、容器包装材料の枯渇性資源依存を低減します
  • 社外との連携・協調を深め、持続可能な循環型社会の構築に貢献します

「循環型社会に対応した容器包装」とは、従来からリサイクル、リユースできる容器包装として継続的に使用している缶・びん・樽などに加えて、再生PET樹脂、生分解性プラスチック、バイオマス素材の利用、FSC®森林認証紙等を指します。グループの事業活動において使用する容器包装を、それら「循環型社会に対応した容器包装」に100%変更していくことで、容器包装による環境負荷の低減を実現します。
加えて、物流や素材調達を踏まえた製品ライフサイクル全体における環境配慮とユーザビリティ確保までを考慮することが必要と考えており、また、これらを実現させるために、環境に配慮した設計、素材や容器包装の研究開発、および製造環境の整備・拡充の強化に取り組んでいきます。

サッポログループ プラスチック方針

サッポログループでは、持続可能な社会の実現に向けて、事業活動で使用するプラスチックについて、以下のステップで検討・取り組みを進め、循環型社会の構築に貢献します。

  1. プラスチックの使用場面を見直し、不要な使用をなくします
  2. 減量化等の削減に取り組みます
  3. リサイクル性の高い設計や、再生材・バイオマスプラスチックに転換します

容器包装 循環型社会に向けたこれまでの取組み

サッポログループが提供する商品・サービスには、様々な容器包装を使用しています。これまでにも、地球温暖化防止や3Rの推進等の環境に配慮した容器包装の使用拡大を段階的に進めてきています。ここでは、サッポロビール社におけるこれまでの主な取り組みをご紹介します。
これからも、サッポログループ 容器包装ビジョンのもと、「循環型社会に対応した容器包装の100%使用」を目指し、新たな取り組みを進めていきます。

サッポロビール社 これまでの取組み

【リデュース Reduce】容器包装の軽量化

サッポロビール

軽量アルミ缶蓋

サッポロビールは、ビールテイスト製品※1における軽量アルミ缶蓋の展開を拡大しています。
同品の特長は、形状を工夫し、缶蓋表面にビード形状※2を採用することで、缶蓋を薄くしながらも従来缶蓋と同等の品質を確保したことです。当社が使用するビールテイスト製品の缶蓋すべてを同品に切り替えた場合、2018年実績で約1,200トンのCO2排出量の削減効果が見込まれます。
さらに、製缶メーカー、飲料メーカー共に大掛かりな設備投資がいらず、生産工程の調整もほぼ不要であることから、業界内への展開も容易です。同品は、大和製罐株式会社が設計製造を行い、サッポロビールにおいて実用化評価を実施しました。
この取り組みは、2019年6月に(公社)日本包装技術協会が主催する「第43回木下賞 改善合理化部門」を受賞しています。

  1. アルミ元板の厚さを変更(0.235㎜→0.215㎜)。
    缶蓋1枚当たりのアルミ使用量を約7%削減(3.1g→2.9g)。
  2. 缶蓋の外周部にビード形状を追加して剛性を強化。
    内容物に対する耐圧強度を保ち、従来缶蓋と同等の品質(開け易さ等)を確保。
  3. 製缶メーカー、ビールメーカーともに大がかりな設備投資が不要。

※1 ビール、発泡酒、新ジャンル、ノンアルコールビールテイスト飲料
※2 缶蓋表面に施した溝状の凹凸のこと。

ギフトカートン包装資材の廃棄ロス削減の取り組み

ギフトカートン包装

サッポロビールは2018年に日本トーカンパッケージと共同で環境に配慮した合理的なギフト形態を開発しました。これは蓋に開けた窓穴から商品情報を認識できるようにして識別パーツを差し替えることで、同型ギフト全ての蓋資材を共通化するものです。商品改定の度に廃棄される在庫資材ロスを最小限に抑えることができます。この取り組みが評価され、2018日本パッケージングコンテスト「適正包装賞」を受賞しました。

2018年に引き続き2020年に、ギフトカートンで、環境に配慮した形態を新たに2種類導入します。
1つ目は、缶の梱包の仕方を工夫することにより、縦・横・高さの合計を60㎝以下とするコンパクトな形状を実現し、紙の使用量を従来より約40%削減するものです。また、持ち運びやすく、カートンをワンタッチでたたむことができるため、ユーザビリティ確保にも貢献します。
2つ目は、コンパクトな形状にすることにより紙の使用量を抑え、さらに、縦型で保管可能な形状にすることによりサイドから商品を取り出せる、保管しやすいという点で、ユーザビリティを確保するものです。

軽量瓶の採用

軽量瓶

サッポロビールでは、「濃いめのレモンサワーの素」「男梅サワーの素」「ウメカク 果実仕立ての梅酒カクテルシリーズ」などで使用している500ml瓶について、2021年リニューアル分より軽量瓶を順次採用しています。

ポッカサッポロ

プラスチック容器の軽量化

ポッカサッポロでは、プラスチックが、海洋ごみ問題をはじめ環境中に放出されて大きな影響を与えていることを踏まえ、未来に向けて、PET・キャップなどの容器の軽量化に取り組んでいます。

PETの軽量化事例

<PETの軽量化事例>

加賀棒ほうじ茶:2017年08月のリニューアル発売時にペットボトルの軽量化を図り、リニューアル前と比べて29.6%の削減をおこないました。

キャップの軽量化事例

<キャップの軽量化事例>

カフェドクリエアイスティー:2016年09月のリニューアル発売以降、それ以前より5.7~8.3%の軽量化を図っています。

容器全体の軽量化事例

<容器全体の軽量化事例>

70mlポッカレモン100:2014年2月のリニューアル発売時にプラスチック容器の軽量化を図り、リニューアル前と比べて15.6%の削減をおこないました。

【リユース Reuse】ガラスびん容器の自主回収と再利用

主に飲食店様向けのビール・飲料水には、リユース可能な容器(びん・樽)を多く使用しています。
リターナブルびんは、自主的な回収ルートに乗り工場へ運ばれ洗浄して繰り返し再利用をしています。「100%回収」を目指し、このリユースシステムを維持・向上させる取組をしています。

リターナブルびん回収状況

2017年 2018年 2019年 2020年
サッポロビール 99.8% 99.6% 99.3% 102.6%
ポッカサッポロ 97.9% 98.0% 98.5% 116.5%

※ ガラスびん 回収量(kg)÷販売量(kg)×100

【リサイクル Recycle】容器包装のリサイクル

サッポロビール、ポッカサッポロは、各種容器の素材に応じたリサイクル団体に参画するほか、各自治体との連携を図り容器包装の3Rに取り組んでいます。
又、容器へリサイクルの呼びかけを表示するなど、容器包装のリサイクル推進に努めています。

主なリサイクル団体 ガラスびん3R促進協議会、アルミ缶リサイクル協会、PETボトルリサイクル推進協議会
主な自治体 九都県市「容器包装ダイエット宣言」

空容器のリユース・リサイクル工程

空容器のリユース・リサイクル工程

サッポロビール

再生PET樹脂の採用

再生PET

サッポロビールでは、「ポリフェノール/有機酸でおいしさアップシリーズ」「うれしいワインシリーズ」などに使用している720mlペットボトルについて、2021年3月以降製造分より、再生PET樹脂を100%使用した素材を順次採用しています。商品ラベルには当社独自の「再生PET樹脂使用」マークを表示しており、その他の国内製造ワインペットボトルについても循環型社会に対応する容器包装素材への変更の検討を進めています。

ポッカサッポロフード&ビバレッジ

エコロジーボトルの採用

エコロジーボトルの採用

グリーンガラスびんの「ポッカレモン100」(120ml, 300ml, 450ml)及び「キレートレモン」(155ml)では、エコロジーボトルを採用しています。
エコロジーボトルとは、市町村などで回収されたガラスびんを再生カレット(使用済みガラスびんを細かく砕き原料化したもの)にし、それを90%以上使用した再生ガラスびんのことをいいます。びんtoびんに繰り返し再生され、省資源、省エネルギー、廃棄物の削減などを目的とした環境にやさしい容器となっています。

エコロジーボトルの取り組み

リサイクルできるカートカン

リサイクルできるカートカン

一部の飲料で採用している紙製容器カートカンは国産の間伐材などを30%以上使用した、主に紙でできた容器です。飲み終わったあとは切り開くことができ、また金属であるアルミは一切使用していませんので、牛乳パックと同じようにリサイクルができる、環境に配慮した商品です。切って開いて洗って乾かしていただければ、店頭回収や拠点回収で牛乳パックと一緒に回収できます。

容器包装の散乱防止への取り組み

統一美化マーク

サッポロビール、ポッカサッポロは、空容器の散乱を防止し環境美化を推進するため、「統一美化マーク」を各種広告品に載せることでリサイクルへの啓発活動を行っています。
又、食品容器環境美化協会へ参画し各種取組を実施しています。

ページトップへ戻る