CSR
閉じる

環境保全活動の歴史

サッポログループが取り組んできた環境保全活動について、その変遷をまとめました。

サッポログループ環境保全の歴史

(1991年以降を掲載。当時の事業場名や名称で掲載しています。)

概要
1991年 生活環境部(現 グループCSR部 CSR社会環境グループ)を設置
「環境保全に関する基本方針」を制定
本社に「環境保全推進委員会」、全事業所に「環境保全対策委員会」を設置
1993年 内部環境監査を工場部門に導入
多缶式ボイラシステム導入開始
1994年 「環境保全に関する行動指針」「環境保全に関する目標」を制定
「環境保全ガイドライン」「環境監査評価システム」を構築
1997年 群馬工場で副産物・廃棄物の100%再資源化を達成
コジェネレーションシステム導入開始
1998年 ビール全工場、サッポロビール飲料の工場で副産物・廃棄物の100%再資源化を達成
北海道工場がISO14001の認証取得
千葉工場にバイオガス利用の燃料電池設備を導入し、世界ではじめて発電に成功
静岡工場にビオトープ園を設置し一般への開放を開始
1999年 サッポロワインの全2工場で副産物・廃棄物の100%再資源化を達成し、グループ企業を含む全工場で副産物・廃棄物の100%再資源化を実現
ビール全8工場(閉鎖予定の名古屋工場を除く)およびサッポロワイン全2工場がISO14001の認証取得
2000年 千葉工場にビオトープ園とケナフ畑を設置し、一般への開放を開始
静岡工場において(株)島津製作所とともに実用化レベルでのCO2固定化実証試験を世界ではじめて開始
北海道工場に世界初の低温吸収式冷凍機を導入
埼玉工場に熱電可変機能付ガスタービン・コジェネレーションシステム、高効率冷凍機を導入
札幌工場、千葉工場に太陽光・風力発電装置を設置し、広告塔電源などとして使用
「グリーン調達基本方針」を制定
2001年 新九州工場およびサッポロビール飲料神奈川事業所がISO14001の認証取得(当社グループの全製造拠点(ビール9、ワイン2、飲料1)でのISO14001認証取得が完了)
北海道工場、新九州工場、仙台工場にビオトープ園を設置し、一般への開放を開始
北海道工場、仙台工場に日本初のESCO事業を利用した省エネルギー設備導入
2002年 静岡工場に世界初のハイブリッド冷却システムを導入
2003年 LPGを使用する新九州工場を除く全ビール工場において、燃料の天然ガス化を完了
サッポロファクトリー本構にESCO事業を利用した省エネルギー設備導入
グループ再編成にともないグループの環境保全に関する諸体制を整備
(1) 「サッポログループ企業行動憲章」の「社会との関係」において「持続可能な社会」の構築に貢献する環境への取組みを規定
(2) サッポログループ環境基本理念を制定
(3) 持株会社であるサッポロホールディングスにおいてグループ全体の環境保全活動を統括する「グループ環境保全委員会」を設置
CO2削減目標(1994年改定)を達成
2004年 静岡工場コジェネレーションシステム導入
全工場横断的な「省エネ推進プロジェクト」による取り組みを実施
主要商品の環境負荷についてLCA(Life Cycle Assessment)を実施。手法について第三者機関の評価を受ける
群馬工場の燃料の天然ガス化を完了
CO2削減目標(2004年改定)を達成
2005年 食品廃棄物の「水素・メタン二段発酵技術」の社内試験プラントが稼働
サッポロファクトリー西館(ホテルクラビーサッポロ)にESCO事業を利用した省エネルギー設備導入
2006年 ビール製造に使用する冷凍設備について特定フロンのリプレースを完了
サッポロファクトリーフロンティア館が竣工。BEMSを利用した省エネルギー設備導入
北海道本部で「エコアクション21」の認証を取得
2007年 広島大学らと食品廃棄物の水素発酵を実証規模で開始(環境省地球温暖化対策技術開発事業委託業務「食品廃棄物のバイオ水素化・バイオガス化に関する技術開発」)
群馬工場(尾島事業所)でISO14001の認証を取得
2005年データにもとづいて黒ラベルの2商品についてLCAを実施。2003年からのCO2削減をLCAを用いて評価
2008年 東北本部で「エコアクション21」の認証を取得
丸紅(株)らと建設したタイ国バイオエタノールプラント(新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「アジア地域におけるバイオマス関連国際事業」)が本格稼働開始
大成建設(株)と北海道地区の稲わら・麦わらからのバイオエタノール製造技術確立に取り組む(農林水産省実証事業「ソフトセルロース利活用技術確立事業」)
経済産業省の「カーボンフットプリント制度の実用化・普及推進研究会」に参加
2009年 カーボンフットプリント表示黒ラベル350ml缶を北海道地区で試験販売
ブラジル ペトロブラス社、エルゴステック社とセルロース系バイオマスからバイオ水素生産の実証実験を開始
千葉工場において、ESCO事業を利用して排熱回収式冷凍機を導入
サッポロファクトリーにおいて、BEMSを利用した省エネルギー設備を更新
新九州工場において、ビール発酵熱を利用したヒートポンプシステムを導入
2010年 中四国本部で「エコアクション21」の認証を取得
サッポロ都市開発が「国内クレジット制度(国内排出削減量認証制度)」へ参加
サッポログループ環境基本理念を改定
サッポログループ環境基本方針を制定
サッポロビール環境中期目標を制定
2011年 近畿圏本部で「エコアクション21」の認証を取得
株式会社東京エネルギーサービスが日本のエネルギー業界・不動産業界ではじめてエネルギーマネジメントシステム「ISO50001」を認証取得
2012年 サッポログループ環境中期目標を制定
サッポログループ生物多様性保全ガイドラインを制定
本社、北海道本部、近畿圏本部の3拠点統合で「エコアクション21」の認証を取得
2013年 サッポログループのグリーン調達基本方針を制定
本社、北海道本部、東海北陸本部、近畿圏本部、九州本部の5拠点統合で「エコアクション21」の認証取得
2014年 本社、北海道本部、東北本部、関信越本部、東海北陸本部、近畿圏本部、中四国本部、九州本部の8拠点統合で「エコアクション21」の認証取得
CDPが「気候変動情報開示先進企業」にサッポロホールディングスを選定(3年連続)
2015年 サッポログループ環境中期方針「地球環境を守る活動2030」を策定
2016年 サッポロビール社にて本社・全営業拠点にて「エコアクション21」の認証を取得
ページトップへ戻る