CSR
閉じる

森を守る活動

サッポログループでは、商品やサービスを通じた環境貢献だけでなく、工場周辺地域の森林保全活動に参加するなど、積極的な緑化活動を展開しています。

カートカンによる森林保全

カートカン(キレート195)

ポッカサッポロは、森林の保全、育成に欠かせない間伐材を含む国産材を30%以上使用した紙製飲料容器のカートカンを採用しています。国産の木質資源を活用するとともに、売上げの一部を「緑の基金」に寄付することで、日本の森林を守り育てる一助となっています。健全な森林の保全・育成はCO2の吸収を促し、地球温暖化を防ぐことはもちろん、森で生活する動植物などの生態系保全にも役立ち、豊かな国土を守ることにもつながります。

ポッカサッポロ「カートカンで育てる日本の森林」

企業ボランティア活動

企業ボランティア

九州日田工場では、2002年に大分県が推進する「企業参画の森づくり」第1号企業として、高瀬生産森林組合とともに同組合所有の山林で、下草刈り、枝打ち、除伐などの森林保全活動を開始しました。当初の予定期間5年を満了後も、工場のコンセプトでもある「環境との共生(自然との調和)」「地元との共生」を実現させるため、森林保全の企業ボランティアとして、「日田高瀬の森応援団」活動を展開。高瀬生産森林組合、高瀬緑の少年団員と協力し、九州日田工場従業員も下草刈り、枝打ちなどの活動に参加しています。

森を守る活動

里山保全の推進

サッポロビール九州日田工場では、大分県日田市の「千年あかり」のイベントに参加しています。「千年あかり」は秋の天領まつりと同時開催されるイベントで、竹灯篭3万本が豆田町、花月川の周辺を埋め尽くして幻想的な風景をつくり出します。杉の名産地として有名な日田市では、「千年あかり」の灯篭用に竹を伐採することで、近年の竹林の増加による森林被害を食い止めることも、目的のひとつとされています。九州日田工場では、毎年オブジェ部門に工場敷地内で発生する廃油を使った廃油ろうそくを使った竹灯篭で出展し、竹伐採に従業員が参加したり、地域小学生との竹灯篭作りや環境教育セミナーの開催を通じて、地域との共生、環境保全に取り組んでいます。

ページトップへ戻る