CSR
閉じる
ダイバーシティ・人権

人権の尊重

基本的な考え方

サッポログループは、グループパートナーの人権を尊重するとともに、人種、信条、性別、宗教、身体的特徴、財産、出身地などの理由によって不当に差別されることのない職場環境を確保しています。

差別や嫌がらせの撤廃

ハラスメントの防止に向け、相談窓口の設置

サッポログループは、従業員の人権を尊重し、差別や嫌がらせのない職場環境をめざして、各種施策に取り組んでいます。ハラスメントの防止に向け、相談窓口の設置とともに、従業員同士考え合う機会の創出やポスターの掲示、パンフレット配布など、従業員教育・啓発活動を推進しています。

児童労働・強制労働の防止

サッポログループは、各国法、各社内規程などに基づき、児童労働及び強制労働のない、現地に根ざした適切な人事管理に努めています。これまで、サッポログループにおいて、児童労働や強制労働に関する問題は発生していません。

ページトップへ戻る