CSR
閉じる

安心して働ける職場環境づくり

従業員の安全と健康

サッポログループでは、年に2回開催するグループCSR委員会において、各社役員によるグループ各社の安全衛生に関する監視と監督を行っています。

サッポロビール

サッポロビール健幸創造宣言に基づき、毎年労使にて「安全衛生活動指針」を策定し、全社的な安全衛生の方向性を全従業員に提示しています。
上記指針に則り、全社員が健康で安全に業務を行えるよう、労働災害及び交通事故ゼロを目標に、毎年各事業場で安全衛生活動計画を策定・実行し、半期毎に振り返りを行いながら活動の見直しを行っています。
労働災害が発生した場合は、速やかに発生状況の確認、原因の特定、対策の立案を行い、水平展開することで、他事業場での類似災害発生を防げるよう、取り組んでいます。
会社と労働組合の代表にて構成される「安全衛生委員会」では、定期的に状況や取り組みを共有し、安全衛生活動指針を確実に実行するために意見交換を行っています。

サッポロビール健幸創造宣言

サッポロビールは、企業活動の大前提に『健康と安全が第一』を掲げ、全社員がそのための具体的な行動を起こすことを推進し、その行動の積み重ねがお客様にとっての価値向上につながることができるよう、その行動の質を高め続けます。

2019年安全衛生活動指針

  1. 「安全と健康が第一」に基づき、「職場の安全衛生を確保し、事業場で働く仲間すべてが安全かつ健康に働き、持てる力を存分に発揮できる環境を作る」ため、支部-事業場において継続的に安全衛生活動を推進していく。またその活動を広く従業員に周知し、支部-事業場内での安全衛生に対する意識を更に高める。
  2. 安全衛生のベースとなる取り組みとして、5Sを推進しその活動の定着を図る。
  3. 基本的には支部-事業場が実態の把握及び傾向を分析し、工夫を重ねながら、主体的に取り組んでいく。また、組織および個人の意識向上のため、支部-事業場に留まらず、本社・本部も協力をしながら、全社的に積極的な情報提供と注意喚起を行う。
  4. 支部-事業場の安全衛生委員会を開催し、定期的に施策の検討や共有化等を行い、取り組みを充実していく。
  5. 当社社員だけでなく、関連会社・協力会社従業員も含め、事業場全体で安全衛生活動を推進していく。
  6. 労働災害が発生した場合には、支部-事業場間で徹底的に検証し対策を立案する。立案した対策は確実に実施し、再発を防止する。事業場間においては水平展開を行い、他事業場での発生防止に努める。
  7. 労働災害の防止のみならず、通勤途上の災害防止の取り組みを推進する。
  8. 労働衛生については、健康確保の観点から身体の健康維持・増進活動に積極的に取り組んでいく。また、メンタルヘルス等の課題については、引き続き産業医・EAP企業とも連携し取り組んでいく。

安全衛生管理体制

安全衛生管理体制
※1 月1回開催
※2 年3回開催

労働災害及び交通事故ゼロを目標にしています。

サッポロ流通システム

安全性優良事業所

サッポログループの配送部門として自社トラックを所有する4事業所のうち3事業所が、社団法人全日本トラック協会が定めた3つの評価項目「1.安全性に対する法令の遵守状況」「2.事故や違反の状況」「3.安全性に対する取組みの積極性」の合格基準を満たし、「安全性優良事業所」※の認定を受けています。
具体的には、車輌からの転落防止対策の実施や運行前の血圧測定の義務づけ、車輌への製品積込作業の見直しなどに取り組んでいます。

※ 安全性優良事業所 荷主企業や一般消費者がより安全性の高いトラック運送事業者を選びやすくするとともに、安全性向上に対する意識を高めるための環境整備を図ることを目的に、社団法人全日本トラック協会が安全性を正当に評価し、認定した事業所。

サッポロライオン

会社と労働組合の代表で構成される「衛生委員会」を毎月開催し、設備面や業務のオペレーションで改善すべき事項など、安全衛生に関する取り組みや課題などについて、意見交換しています。
さらに、労働災害の月次状況報告と3か月ごとの詳細報告により、発生原因を明確にした指導を行っています。社内での研修カリキュラムのなかで、労働災害の実態・予防策について理解を深めるための説明会を行うなど、再発防止に努めています。

東京エネルギーサービス

東京エネルギーサービス

「恵比寿ガーデンプレイス」で熱供給業を担う東京エネルギーサービスでは、1.エネルギーの安定供給、2.省エネ・省資源・省コスト推進、3.地域との共存共栄、4.まちの発展に寄与・貢献、5.付加価値の創造、をミッションとしており、日々の安全衛生活動はこのミッションを支える重要な活動と位置づけています。
2019年7月からは、地冷センターを全面的に禁煙とし、協力会社も含めた当社で業務に従事するメンバーの健康増進への取り組みを進めております。
 今後も、毎月開催の安全衛生委員会を議論の場として、安全衛生活動に積極的・主体的に取り組んでいきます。

健康経営の取り組み

サッポログループでは2017年に健康経営プロジェクトをキックオフ、サッポログループ健幸創造宣言のもと、従業員の健康意識改革に向けた基礎づくりや健康管理推進体制の強化に取り組んでいきます。
定期健康診断の受診率は毎年100%になるよう、徹底して働きかけを行っています。
また健診で所見があった従業員へは、産業医や保健師などの専門家による面談を実施し、健康改善を促しています。

サッポログループ健幸創造宣言

サッポログループは、グループの人財の心身の健康は、従業員・その家族・会社の幸せを創造することにつながるものと考え、2017年8月に「健幸創造宣言」を実施しました。
グループ全従業員の健康増進に向けた取り組みを強化していくことで、グループ長期経営ビジョン「SPEED150」の達成を目指します。

サッポログループ健幸創造宣言

  1. 事業の担い手である従業員は健康増進に取り組み、会社の成長につなげます
  2. 健康な従業員が「酒・食・飲」の事業を通して、お客様の心身の健康や幸せに寄与します
  3. 健康増進に積極的に取り組むことで、働く場としての魅力を高め、企業の存続につなげます

推進体制

推進体制

健康経営中期計画(2019年-2022年)

目的 取り組み内容 2022年目標数値
いのちを守る
  • 緊急治療対象者100%医療機関受診
  • 生活習慣病健診40歳以上100%受診
  • 禁煙推奨
  • 睡眠改善
【行動】
  1. 日常生活歩数
    男性9200歩、女性8300歩
  2. 運動習慣者率(1回30分・週2回以上・1年以上継続)
    男性39%、女性35%
  3. 睡眠による休養確保
    90%
  4. 朝食欠食率
    15%以下
  5. 喫煙率
    12%以下
健康を増進する
  • エリア保健師活用
  • 健康アプリ利用促進
  • ウェルネスサーベイ
  • 全社員健幸宣言
  • ウォーキング促進
  • ストレスチェック
違いをつよさにする
  • 研究部門と連動したコラボ企画
  • 女性・高齢者などを切り口とした健康改善
  • 治療と仕事の両立支援

⇒ 従業員の健康は、従業員・家族・会社の幸せ、そしてお客様の幸せに。

TOPICS

「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定

健康経営優良法人(ホワイト500)

2019年2月、2018年に続けてサッポロホールディングス、サッポロビール、ポッカサッポロフード&ビバレッジ、サッポロライオンが経済産業省が健康経営銘柄に準じた先進的な企業を選ぶ「健康経営優良法人(ホワイト500)」認定を受けました。サッポログループは、社員の健康増進に向けた様々な取り組みを進めています。「産業医と連携した定期健康診断実施後フォロー体制の整備」「事業場独自の健康増進施策の展開」「ストレスチェック集団分析結果を活用した職場環境改善に向けた活動」などを実施しています。また、健康保険組合と連携した生活習慣病健診の受診率の向上施策や、WEBウォーキングキャンペーンなどの取り組みも展開しています。今回の認定は、各種施策の効果検証を客観的なデータに基づき実施し、より良い取り組みに向けてPDCAサイクルを回している点が高く評価されたものです。
サッポログループでは、今後も社員の健康増進に向けて更なる取り組みを継続していきます。

従業員の健康管理とメンタルヘルスケア

サッポロビール健康保険組合

サッポログループでは、労働安全衛生法にもとづく健康管理のほか、サッポロビール健康保険組合主体で「健康相談フリーダイヤル」の開設や参加型の「ウォーキングキャンペーン」「禁煙キャンペーン」など、きめ細かな「疾病予防」活動を展開しています。
またサッポロビール健康保険組合では、メンタルヘルス(心の健康)対策として、グループ全従業員対象の講演会の開催や機関誌による啓発などを行うとともに、社外窓口の専門ダイヤル「24時間電話相談」を設け、心理カウンセリングを含む各種相談を受け付けています。さらに健康保険組合のホームページでは、健康啓発に関するさまざまな情報をお知らせしています。

サッポロビール

EAPによる「ココロの健康診断」の結果
EAPによる「ココロの健康診断」の結果

サッポロビールでは、ストレスチェックの法制化以前より、従業員のメンタルヘルスケアのために、外部専門機関によるEAPサービスを導入し、従業員自身による「セルフケア」と、職場の管理者などによる「ラインケア」の両面から取組んでいます。
セルフケアとしては、毎年1回「ココロの健康診断」を実施しています。
ラインケアとしては、管理職層向けの「ラインケア勉強会」に加え、外部専門スタッフによる事業場訪問などを実施しました。事業場の産業保健スタッフや管理職層との意見交換や、具体的な解決策についての勉強会などにより、事業場ごとの課題を解決するヒントが得られています。
今後も、従業員一人ひとりの心の健康を維持するとともに、働きやすい活気ある職場づくりをめざし、社内外の関係者と連携しながらメンタルヘルスケアを推進していきます。

※ EAP(Employee Assistance Program):ストレスの早期発見と問題解決のプロセスを通じて、職場のメンタルヘルスケアを支援し、企業の事業活性、生産性の維持・向上を図る従業員支援プログラム。

ポッカサッポロフード&ビバレッジ

ポッカサッポロでは、インターバル制度を導入し、休息時間を確保することで、心身の健康維持増進ができるよう、取り組んでいます。また、長期療養からの復職者や持病を抱えている従業員を「要保護者」と定め、心と体の両面における健康状態を常に確認・支援しています。「勤務区分」により勤務時間を段階的に見直していく制度の導入や、産業医・保健師との定期面談、上司との情報共有などを行う仕組みにより、従業員が安全かつ安心に勤務できるよう努めています。特にメンタルヘルスケアについては心療内科専門医を産業医に迎え、個々の従業員に対してだけでなく、会社の取り組みそのものに対しても専門的見地からの指導を仰ぎ、施策につなげています。

福利厚生

様々な福利厚生施策を通じて、社員の生活を支援しています。
社宅制度による住居支援、財形貯蓄、社員持株制度、慶弔慰金制度といった各種施策に加え、カフェテリア制度を導入しています。社員のライフスタイルの多様化を踏まえ、予め会社が準備した「育児・介護」「自己啓発」「健康づくり」「リフレッシュ」等のメニューの中から利用者自身が必要な支援を必要な時に選択できます。
また、社員のライフプラン・マネープランの支援に努めています。

サッポロビールの退職金制度は、「企業年金基金(確定給付年金)」、「確定拠出年金」または「退職金前払い」で構成されています。
「確定拠出年金制度」と「退職金前払い制度」は社員がいずれかの制度を選択し、給付を受ける制度です。
確定拠出年金については、資産運用や投資に関する定期的な情報提供などを通じて、退職後の生活設計に社員が主体的に取り組めるよう支援しています。

労使関係

基本的な考え方

サッポログループでは、定期的に労使協議の機会を設けて労働条件や人事諸制度について討議するなど、労使一体となって職場環境の維持・改善、安定した労使関係の構築に努めています。

安定した労使関係の構築

サッポログループ各社は、グループ人財マネジメントビジョンに基づき、安心して働ける職場環境づくりには、従業員の安全・健康に対する配慮の徹底が不可欠だと考え、労働災害の防止や、心身の健康維持・増進に向けたさまざまな施策を実施しています。

サッポロビール

サッポロビールでは従業員組合としてサッポロビール労働組合が組織されています。サッポロビール労働組合は管理職以外のほぼ全従業員が加入しています。
「会社と組合とが相互にその理念を尊重し、職場規律の確立、労働条件の維持改善、業務の能率的遂行を期し、あわせて安定した労使関係を築き、会社の発展を実現する」ことを労使関係の基本としています。
サッポロビール労働組合との間で締結している労働協約において、「会社は組合が社員を代表する唯一の正当な交渉団体であることを認める。」「会社は組合活動の自由を認める。組合員は組合員であることおよび正当な組合活動に従事したことによって不利益な取り扱いを受けることはない。」と明記し、団体交渉の権利ならびに結社の自由の権利を尊重しています。
労使間では、労働時間や経営協議制の運用等について労使協定を締結しており、労働条件の基準の決定や諸制度の新設・改廃にあたっては、正式な団体交渉のほか、団体交渉に準ずる専門委員会を設置して意見交換を行うなど、より実質的かつ迅速に解決できる協議体制を整えています。
経営方針、経営内容などの諸課題については会社と労働組合代表による経営協議制を導入し、相互に意見を交換する場を年2回設けています。
サッポロビール労働組合は上級団体となる日本食品関連産業労働組合総連合会に加盟し、上級団体要請事項に対して適切に対応しています。

サッポロライオン

東証二部に上場した翌年の1989年、サッポロビール労働組合ライオン支部からサッポロライオンの労働組合として独立以降、30年近くが過ぎ、約300名が加入しています。
「働きやすく働き甲斐のある職場づくり」「ゆとりと豊かさを求め、労働条件の改善と向上を図る」「全員参加による活力ある組織づくり」を目標に、年2回の意見交換の場である「経営諮問委員会」および「労使懇談会」を中心として積極的な企業経営に対する提言を行い、多数の提言が実現しています。
また、サッポロビール労働組合ライオン支部の頃から続いている労働組合主催の「みかん狩り」は、毎年11月3日文化の日に開催しており、組合員とその家族に会社役員も加わり、毎年200名以上が参加して、家族ぐるみの懇親を深めています。

ページトップへ戻る