サステナビリティ
閉じる

サステナビリティ重点課題と推進体制

サステナビリティ重点課題 中長期目標

サステナビリティ重点課題解決に向けた中長期目標を策定

サッポロホールディングスは、事業活動を行うにあたり特に重要と捉えて重点的に取り組む「サステナビリティ重点課題」について、課題解決に向けた中長期目標を策定しました。また、個々の中長期目標について、関連する国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」(注1)を明示しました。

2015年に開催された国連持続可能な開発サミットでは、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにする行動計画として、17の目標と169のターゲットからなる 「持続可能な開発目標」が掲げられました。SDGsでは全世界での目標達成に向けた行動が求められており、企業の果たすべき社会的責任がこれまで以上に重要視されています。

当社は2017年「潤いを創造し 豊かさに貢献する」という経営理念のもと、より具体的にサステナビリティ活動を推進するために、さまざまな課題の中から、特に重要と捉えて重点的に取り組む「サステナビリティ重点課題」を抽出し、ステークホルダーの皆様との「4つの約束」を定めました。

サッポログループはSDGsと関係している、商品・サービスの提供や事業活動を行っています。品質の追求や新しい価値の創造、アルコール関連問題、スポーツ・文化活動、地域とのパートナーシップ、環境保全、従業員の健康増進などが該当し、取り組みを進めています。

中長期目標はサッポログループの長期経営ビジョン、中期経営計画を踏まえたものであり、今後、サッポログループの事業戦略や個々の施策における重要な道筋と位置付けます。目標達成に向けてグループ各社各部門が具体的施策を設定して積極的に取り組みを進め、SDGs達成とお客様の豊かな生活の実現に貢献していきます。

(注1)2015年9月の国連サミットで採択された、2016年から2030年までの国際目標

SDGs

Promise 1 :『酒・食・飲』による潤いの提供

『酒・食・飲』を通じて、新しい価値を創造し、お客様に喜びと潤いをお届けします。

重点課題 SDGs 2030年までの中長期目標
ターゲット
安全・安心の品質 2 飢饉をゼロに 2.1
  • 『酒』『食』『飲』の品質を高める企業文化醸成・人財の継続的育成に努め、国際標準である食品安全システムの活用を基本として、効果的な品質保証体制を構築する。
  • お客様のニーズに応じた適切な品質レベルを追求し、商品・サービスの品質トラブルゼロを目指す。
  • 新技術を積極的に取り入れ、高レベルの品質をより効率的に実現していく。
新価値創造 2 飢饉をゼロに3 すべての人に健康と福祉を17 パートナーシップで目標を達成しよう 2.4
3.4
17.17
  • 未来の変化を先取りし、「おいしさ」と「健康」のニーズに応えるための研究開発を推進する。
  • 強みを有する植物性素材の研究と加工技術を生かした商品を通じて、新たな顧客価値を提供する。
  • グループ内外の連携を強化し、多様な技術を効率的に獲得し、イノベーションを推進する。
適正飲酒啓発とビール文化継承 3 すべての人に健康と福祉を 3.4
3.6
  • 「20歳未満飲酒」「飲酒運転」「アルコールハラスメント」等の不適切飲酒撲滅に向けた啓発活動を推進する。
  • ミュージアム・工場の見学、「日本ビール文化研究会」の支援を通じて、日本のビール文化の継承を図り、潤いのある生活に貢献する。(サッポロビール、サッポロライオン)

Promise 2 :社会との共栄

地域社会の一員として地域の発展や課題解決に貢献し、地域の皆様とともにより良い未来を創造します。

重点課題 SDGs 2030年までの中長期目標
ターゲット
地域貢献 8 働きがいも経済成長も11 住み続けられるまちづくりを17 パートナーシップで目標を達成しよう 8.9
11.3
17.7
  • 従業員一人ひとりが、地域貢献活動に積極的に取り組むことで、地域の発展に貢献する。
  • 商品、サービスを通じて地域とつながり、共に課題の解決に取り組む。
  • 行政やパートナーと協働し、豊かな「まちづくり」を推進することで、地域の魅力向上に貢献する。(サッポロ不動産開発、サッポロライオン)
持続可能な調達 10 人や国の不平等をなくそう13 気候変動に具体的な対策を 10.3
13.1
  • 主要調達先のうち、サステナビリティ調達ガイドラインを満たす調達企業の割合を90%以上とする。(サッポロビール、ポッカサッポロ)

Promise 3 :環境保全

自然の恵みを未来に受け継ぐため、各段階において地球温暖化防止、3Rの推進、自然との共生に努めます。

重点課題 SDGs 2030年までの中長期目標
ターゲット
地球温暖化防止 2 飢饉をゼロに6 安全な水とトイレを世界中に6 エネルギーをみんなに そしてクリーンに12 つくる責任つかう責任13 気候変動に具体的な対策を14 海の豊かさを守ろう15 陸の豊かさも守ろう17 パートナーシップで目標を達成しよう 2.1
6.4
7.2
12.2
12.3
12.4
12.5
13.1
14.1
15.4
17.16
17.17
  • 自社拠点でのCO2排出量を2013年比で20%削減する。
  • 自社拠点以外のバリューチェーンにおけるCO2排出量削減に努める。
3Rの推進
<水資源>
  • 生産工場における水使用総量を2013年比で10%削減する。(サッポロビール、ポッカサッポロ)
  • グローバルでの水リスクへの対策を実施し、水資源保全に努める。
<容器包装>
  • 容器包装のリデュース(軽量化・簡素化)を維持・拡大する。
  • 再生可能材料の利用を拡大し、容器包装材料の枯渇性資源依存を低減する。
  • 社外との連携・協調を深め、持続可能な循環型社会の構築に貢献する。
<廃棄物>
  • 外食店舗、食品流通における食品ロスの削減に努める。(国内事業会社)
  • 2024年までに食品廃棄物の再生利用等実施率50%を実現・継続する。(サッポロライオン)
  • 廃棄物再資源化率の向上に努め、主要工場(※)では100%を実現する。(国内事業会社(※サッポロビール、ポッカサッポロ))
自然との共生
  • 気候変動に対応可能な特性を持つ大麦・ホップを開発する。(サッポロビール)
  • 恵比寿ガーデンプレイス、サッポロファクトリーを中心に、近隣生活者に自然と共生する暮らしを提供する。(サッポロ不動産開発)

Promise 4 :個性かがやく人財の輩出

従業員のあらゆる多様性を尊重し、一人ひとりの能力を最大限発揮できる環境の整備を強化します。

重点課題 SDGs 2030年までの中長期目標
ターゲット
健康経営 3 すべての人に健康と福祉を 3.4
  • 従業員および家族に健康への意識向上・行動変容を促し、健康維持増進につなげる。
ダイバーシティ・人権 5 ジェンダー平等を実現しよう8 働きがいも経済成長も 5.5
8.5
  • 従業員一人ひとりがダイバーシティへの理解をより深め、誰もが生き生きと働ける環境を目指す。
  • 女性管理職・女性役員比率を向上させる。(全社員に占める女性比率相当)
人財開発・育成
  • 「自分のキャリアは自分で切り拓く」従業員が活躍できる体制を整える。
  • がん治療中・介護中の社員が働き続けられる環境整備を行う。
  • 障がい者雇用率3%を達成する。

PDF版はこちら(255KB)

持続可能な開発目標(SDGs)については「国際連合広報センター」のサイトをご覧ください。

重点課題の特定・更新プロセス

サステナビリティ重点課題の特定に向けては、経営への影響度およびステークホルダーへの影響・関心度を二軸に、重点課題候補をマッピングして絞り込みを行いました。その上で、重点課題候補をガイドラインやステークホルダー、経営者などのさまざまな視点から分析し、重点課題を特定・更新しています。

重点課題の特定

重点課題の特定 重点課題の特定

更新プロセス

更新プロセス

バウンダリー

重点課題 組織内バウンダリー 組織外バウンダリー
株主・
投資家
お客様 取引先 地域社会 行政機関 学生・
教育機関
NPO・
NGO
従業員
安全・安心の品質
新価値創造
アルコール関連問題
地域貢献
持続可能な調達
地球温暖化防止
3Rの推進
自然との共生
健康経営
ダイバーシティ・
人権
人財開発・育成

サステナビリティ推進体制

サッポロホールディングスは、サッポログループのサステナビリティ活動推進のための全体方針を策定し、グループ内の連携・調整を行うための機関として、代表取締役社長を委員長とする「グループサステナビリティ委員会」を設置しています。
サッポロホールディングス 戦略企画部サステナビリティグループは、グループ各社のサステナビリティ活動推進のための諸施策を立案・実施しているほか、事業会社のサステナビリティ担当者の会議を隔月で開催し、情報共有と進捗の確認を行っています。

サッポログループのサステナビリティ推進体制(2019年12月現在)

サッポログループのサステナビリティ推進体制(2019年12月現在)
ページトップへ戻る