CSR
閉じる

『酒・食・飲』による潤いの提供

「酒・食・飲」を通じて、
新しい価値を創造し、
お客様に喜びと潤いをお届けします。

安全・安心の品質

サッポログループは、食品を扱う企業グループとして、「商品・サービスの品質の追求と安全性の優先」をサッポログループ企業行動憲章の第一に掲げ、お客様に信頼される企業を目指して取り組んでいます。また、研究・商品開発から原材料の調達、製造、物流、販売まで、お客様のお手元にいたるすべての段階における品質が重要と考え、その向上に取り組んでいます。

新価値創造

サッポログループでは、「お客様を知る」「“おいしさ”を探す」「“おいしさ”をつくる」「“おいしさ”を保証する」という「4つのコア技術」を核にした研究開発により、未来につながる食分野での新しい価値創造に取り組んでいます。
ビールづくりに始まったサッポログループの研究開発の取り組みは、事業領域拡大とともにその範囲を広げています。『酒・食・飲』の幅広い商品・サービスとして、これからも新しい価値をお客様にお届けしていきます。

アルコール関連問題

お酒は昔から「百薬の長」と呼ばれ、適度な飲酒は科学的にも健康に良いとされています。 一方で、飲み方や摂取量を誤れば、心身の健康に害をもたらすおそれがあるのも事実です。サッポログループは、こうしたお酒の特性を正しく理解していただけるよう、「適正飲酒」について広く伝えていくことが、酒類事業を展開する企業グループとしての社会的な責任であると考えています。このため、企業行動憲章に定めた「社会的配慮をもって臨み」「健康で明るい生活にふさわしい節度ある飲酒を呼びかける」などの方針に基づき、「サッポロビール(株)適正飲酒に関する基本方針、行動指針」を定めて取り組みを行っています。

ページトップへ戻る