サステナビリティ
閉じる

復興支援

サッポログループでは被災地に対して3つの重点テーマを掲げ、さまざまな支援活動を行っています。
今後もグループ各社の事業活動を通じて、地域の皆様とともに復興に向けた支援活動を継続していきます。

復興支援活動における3つの重点テーマ

復興支援活動における3つの重点テーマ

お客様のご協力による支援

毎年9月に恵比寿ガーデンプレイスで開催している「恵比寿麦酒祭り」のビール売上から、2011年より東北復興支援、2016年より熊本地震の復興支援などに活用しています。2019年までに約1億5千万円を寄付することができました。ご来場いただいた皆様のご協力に心より感謝申し上げます。

※なお、2020年秋に予定しておりました「恵比寿麦酒祭り」は中止となりました。

株主様のご協力による支援

サッポロホールディングスでは2013年より株主優待品として「社会貢献への寄付」を選択していただいた株主様の寄付金に同額を加えた金額を東日本大震災からの復興に取り組んでいる自治体・団体に寄付しています。

2019年の支援先(寄付金総額317万2000円)

  • 岩手県大船渡市:大船渡市の花〝椿”をテーマとした学習支援
  • 岩手県大槌町:小中一貫教育の柱として行われる“ふるさと科”学習支援
  • 福島県:NPO法人ドリーム福島
        福島県の高校生による風評被害払拭の取り組み支援
「つばきノート」制作
「つばきノート」制作
ふるさと科授業でのワカメの収穫
ふるさと科授業でのワカメの収穫
高校生によるプレゼンテーション
高校生によるプレゼンテーション

被災地の子どもたちに学びの場を提供

被災地の子どもたちに学びの場を提供

サッポログループでは被災地の子どもたちに学びの場を提供し学習支援と心のケアを行う「コラボ・スクール」(認定NPO法人カタリバ運営)を通じて、被災地の次世代育成を支援しています。

  • 東日本大震災:宮城県女川町「女川向学館」・岩手手県大槌町「大槌臨学舎」に対し2011年より継続支援
  • 熊本地震:熊本県益城町「ましき夢想塾」に対し2016年~2018年支援

岩手県大槌町中学生本社訪問

岩手県大槌町中学生本社訪問

2019年4月10日、岩手県大槌町吉里吉里(きりきり)学園中学部の9年生14名の生徒が修学旅行の初日に本社を訪れ、恵比寿ガーデンプレイスセンター広場で「ふるさと科」の授業で取り組んできた成果のワカメを郷土芸能「吉里吉里大神楽」披露しながら販売しました。
株主優待活用がご縁で2017年から続いており3回目の本社訪問となります。

※サッポロホールディングスでは2016年より株主優待制度を活用し、大槌町の小中一貫校である“ふるさと科”学習支援をおこなっています。

サッポロライオンメニューでの復興応援

サッポロライオンメニューでの復興応援

サッポロライオンではグランドメニューやフェアメニューに被災地の食材を取り入れています。2018年からはあらたに「復興応援ロゴマーク」を冠して各地の食材のおいしさを発信し、お客様とともに復興を応援しています。

東日本大震災への支援

未曽有の大震災からのサッポログループの復興支援は、一過性ではなく自治体の関係者や地域住民の皆様の言葉に直接耳を傾け、「本当に必要とされている支援はなにか」と常に考え、継続して取り組むことが重要だと考えています。

宮城県女川町に「子供神輿」の修復支援

宮城県女川町に「子供神輿」の修復支援

宮崎県女川町白山神社の「子供神輿」の修復支援として寄付金を贈呈しました。
同神社の5月の例大祭では2010年依頼9年ぶりに本神輿と子供神輿が一緒に町内を巡行できるようになり、子供たちの笑顔が戻り、地域コミュニティーの場として復活しました。

仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」を支援
写真提供:SENDAI光のページェント実行委員会

仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」を支援

1986年にスタートしたこのイベントは実行委員会を中心に市民ボランティアにより開催され、東北の“冬の風物詩”として毎年数多くの方々が訪れています。震災により使用していた電球が津波で失われましたが「みんなの力でページェントの光を灯し続けたい」との思いに賛同し、サッポログループでは2012年から寄付を継続しています。

「ふくしまフェスタin恵比寿」開催

「ふくしまフェスタin恵比寿」開催

2019年3月9日・10日の2日間にわたり福島県が開催している「ふくしまフェスタ」を恵比寿ガーデンプレイスで開催しました。
特産品の販売や観光PRが行われ、福島県の応援団!「ハッピーふくしま隊」「伊達武将隊」「きびたん」も来場し、フェスタを盛り上げました。

東北復興応援ツアーの実施

東北復興応援ツアーの実施

サッポログループでは2013年より毎年、従業員有志とその家族・知友人で「東北復興応援ツアーを実施しています。被災地を訪問し、東北の今を知ることに加え、物産品を積極的に購入するなど、一人ひとりが被災地支援に直接関わる取り組みを継続しています。

TOPICS

復興大臣から感謝状贈呈

復興大臣から感謝状贈呈

東日本大震災被災地への継続的な復興支援活動が評価され、復興庁の渡辺博道復興大臣から感謝状が贈呈されました。これからも被災地の皆さまとともに、東北の未来に向けて、取り組んでまいります。

(右から)上條社長と村井宮城県知事、宮城県観光協会キャラクター「むすび丸」
(右から)上條社長と村井宮城県知事、宮城県観光協会キャラクター「むすび丸」

上條社長が「みやぎ絆大使」に就任

サッポログループの宮城県の復興への取り組みが認められ、サッポログループCEO(※当時。現:特別顧問)の上條努は、宮城県から「みやぎ絆大使」に任命され、就任しています。
今後とも宮城県、さらには東北全体の経済活性化の支援に取り組み、一日でも早い復興の一助となれるよう力を尽くします。

熊本地震への支援

サッポロホールディングスは2016年4月に発生した熊本地震で被災された方々や被災地での救援活動等にお役立ていただくため、3,000万円を寄付しました。
また、発生直後には救援物資としてポッカサッポロフード&ビバレッジの飲料水約2万4000本やスープ商品約4,601個をお届けしました。

プリンスアイスワールドに招待した生徒とオリジナルのタオルマフラー
プリンスアイスワールドに招待した生徒とオリジナルのタオルマフラー

益城町の次世代育成支援

特に被害が甚大だった益城町の子どもたちのために、「コラボ・スクール」の支援のほか、益城町次世代育成事業実行委員会とともに、「プリンスアイス・ワールド」への無料招待、劇団四季による「美しい日本語の話し方教室」などを支援しています。今後も子どもたちに元気と笑顔を届ける取り組みを継続していきます。

災害・被災地への寄付

2019年10月の令和元年台風第19号への支援のため、「富士山麓のおいしい天然水」等の支援物資をお届けし、支援金として11県(町)に各100万円 合計1,100万円寄付しました。(岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県(箱根町)、新潟県、長野県、静岡県)
また、従業員募金より77万8,000円を特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォームへ寄付し災害支援活動にお役立てていただきました。

2019年9月の令和元年台風第15号への支援のため「富士山麓のおいしい天然水」等の支援物資をお届けし、支援金として300万円、従業員募金より60万5,500円 あわせて千葉県へ寄付しました。

2018年9月の北海道胆振東部地震へ支援のため北海道の自治体に「富士山麓のおいしい天然水」「玉露入りお茶」等の支援物資をお届けし、支援金として3,000万円を寄付しました。

2018年7月の西日本豪雨への支援のため「富士山麓のおいしい天然水」等の支援物資をお届けし、支援金として広島県に100万円、岡山県に100万円、合計200万円を寄付しました。

過去の寄付活動について、詳しくはこちら

ページトップへ戻る