サステナビリティ
閉じる

サステナビリティ活動トピックス

2021年11月29日 環境保全

新しい紙製包材を採用「ヱビス ホップテロワール」

新しい紙製包材を採用「ヱビス ホップテロワール」

サッポロビール(株)が11月24日に数量限定発売を開始しました「ヱビス ホップテロワール」では、当社独自で開発した新しい紙製包材(3缶パック)を店頭装製資材として採用し、一部店舗販売にて展開しております。

この紙製包材(3缶パック)では、350ml缶1本当たりの紙の使用量を、従来の6缶パックに比べて約30%削減しました。一方で、缶のホールド性を落とすことなく、また、「開封ジッパー」を設けることで、開け易さも追及した包材です。

サッポロビールでは、サッポログループ サステナビリティ方針「大地と、ともに、原点から、笑顔づくりを。」の下、環境負荷低減のための資材開発に取り組みながら、お客様により快適に楽しんでいただける商品をお届けしていきます。

シェアする twitter facebook
ページトップへ戻る